功績 を たたえる。 讃えると称えるの違いとは?意味や使い分けを解説

特に、平成24年3月から退任するまでの間、代表監査委員また税理士としての専門的な知識や経験により培われた識見を遺憾なく発揮されるとともに、監査業務のとりまとめ役としても手腕を振るわれた。

その生涯の功績をたたえる形で1990年にアカデミー賞を受賞。

式典には、Stamp Our Story キャンペーンの共同委員長を務めるウエイン・オオサコさんをはじめ、主賓として退役軍人のヨッシュ・ナカムラさん(96歳、第442連隊戦闘団)、ドン・ミヤダ氏(96歳、第100歩兵大隊)、トクジ・ヨシハシさん(98歳、第100歩兵大隊)、ラルフ・マツモトさん(100歳/陸軍情報部)が参列した。

二人が結婚して早くも五十年。

おじいちゃん、おばあちゃん いつも家族を温かく見守り続けてくれてありがとう これからも元気で長生きしてください おばあちゃんいつもありがとう また一緒に遊ぼうね 人生の第二ステージを有意義に! あなたの人生に乾杯!いつまでも自慢のパパでいてください いつまでも若々しく元気でいてね 優しくて頼りになるお父さん 「ありがとう」の気持ちを込めて これからも元気で人生を楽しんでください お父さん お母さん いつもありがとう 二人の笑顔がずっとずっと続きますように おじいちゃん 古希おめでとうございます これからもお体を大切にいつまでも元気でいてください みんなおじいちゃんが大好きです。

ということですね。

これらの事から考えると、「 讃」の方はそもそも 「 国が書くことを推奨していない漢字」ということになります。