サイゼリア ラム 串。 【サイゼリヤ】テイクアウト限定!BIGサイズのティラミスや幻のラム串を食べてみた|ニュースコラム

本国イタリアのアロスティチーニは、羊肉を鉄串に刺し、塩やハーブ、にんにくなどでシンプルに味付けして焼いたもの。

ラム串「アロスティチーニ」の口コミは以下の通りです。

5月15日から第3弾として、さらにバージョンアップさせて展開しています。

早めに「 羊名人(ようメーじん)」手に入れてください! 最後までお読みくださり、ありがとうございました!. 店側すら予想していなかった「大番狂わせ」だった 2つ目のポイントは「アロスティチーニ」の味です。

早速たべてみたが、ラムと串は中国東北料理やもふくめて相性がいいですね。

こちらは器もこだわりのデザインで、側面がとてもキュートでした。

1人前2本の串と特製のスパイスがついてきます。

この特製スパイスが羊肉の旨味をさらに呼び起こす。

SNSではこのスパイスを転用した卓上カスタマイズ料理を披露する猛者も現れました。

4府県に限って2月に再開 19年12月18日に全国で新メニューとして登場したアロスティチーニは、ラムの串焼きで2本で399円(税込)。

串から外すことなく、スプーンを使おう。 ラム肉につけて余った分を、ドリアやポトフ、フォッカチオ、ポテトなどにつけて食べると、これまた病みつきになります。 アロスティチーニがこんなに美味いのも納得である。 それは大正義『ミラノ風ドリア』においても同様だった。 ラム肉をオーブンで焼いた串焼きですが、とても美味しい! ラム特有のクセがなく、ラムを食べたこがない方には「鶏肉や豚肉よりもパンチが効いている味わい」という表現があっているかもしれません。 そしてこの一連の「事件」とも言える世間の盛り上がりの中で、面白い現象に気づきました。 以前より間違いなく注文しやすくなったので、ぜひとも奮って ガンギマっていただきたい! ただし、過剰摂取はダメ、絶対。 販売の再開は、神奈川・大阪・福岡・愛知の各府県に限って下記の日程で行われます。 羊肉によく合うだけでなく、このスパイスだけを別売りしてほしいという声さえ上がっていたのです。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。