虎穴 に 入ら ずん ば 虎 子 を 得 ず 意味。 不入虎穴、不得虎子

虎の子は生まれてすぐに牛を食らうほどの激しい気性をもって生まれてくるというところから。

虎が子を三匹産むと、必ず一匹がヒョウのように獰猛で他の子を襲ってしまうので、母虎が川を渡るときに獰猛な一匹と他の子を2匹だけにしないように苦慮するところから。 (何の冒険もしなければ何も得られない) The more denger the more honour. 《訳》 配下の者たちは口々に言った、「いま、われわれは、危急存亡の事態におちいっています。 「あなたは庶民の書生に過ぎませんが、万里の外では功を立て、侯に封じられましょう」 班超が相の様子を聞くと、人相見は指さしながら言った。 この話から、大きな成果をあげるためには、 思い切って冒険をしなければならないことのたとえを 『虎穴に入らずんば虎子を得ず』というようになりました。 それを知った班超軍が不安を覚えたとき、班超は部下を勇気づけようと「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と語り士気を上げます。
89

「石橋を叩いて渡る」• 26 pt この言葉は、中国後漢朝について書かれた後漢書、班超伝の中に出てくる一節から採られています。

彼は志の大きい、小さなことにはこだわらない人であった。

さしあたっての作戦は、闇夜に乗じて匈奴の宿舎に火を放つことだけだ。

対義語:努力知らずという意味 また「努力をしなくても思いがけずに幸運が訪れる」という意味のことわざも「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の対義語として考えられます。

いかにすべきか。

家が貧しく、役所のために書物を書き写す仕事をし、母を養っていた。