ジョン タイター。 インターネット上に現れた「未来人」〜ジョン・タイター

その争いの後はアジアの大半がインドになり、中国と韓国、北朝鮮は無くなり日本は残る• その理由として、 東北や関東の大部分が立ち入り禁止区域になっていることから、ネット民の間では 「禁止区域の中心に位置する福島原発にさらなる事故が起こったのでは?」、 「放射能の影響で東京が首都機能を果たせなくなり、移転した?」などの憶測が飛び交いました。

地図を作製した本人は大真面目なのかもしれないが、市内の自動車教習所・オカキョウ(正しくは「岡山自動車教習所」)と発音が一緒なところといい、ネタの領域に達している感がなくもない。

さて、絶望的な未来予言を聞いたところ、さらにジョン・タイターにまつわる奇怪な噂が立っていることをお話しせねばならない。

タイターが去って2年が経過した2003年1月。

(丸投げ) さて、見ていただければ分かる通り、非常によく出来ています。

による汚染がひどい。

(英語)• 更には未来の出来事を書き記しています。

彼は掲示板で、自分が乗ってきたタイムマシンの仕組みや未来に起こる出来事に関する予言などを語っていたものの、4カ月後の2001年3月に「使命を果たした」といって消息を絶ってしまいました。 アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。 微妙にそれぞれの時間軸で「起こること」は変化があり、分岐しているということです。 そして、掲示板に登場してから4カ月後の2001年の3月24日、 「予定の任務は終了したので2036年の世界に帰還する」という書き込みを残し、登場した時と同じく突然姿を消してしまった。 ( US Copyright Registration)• 中でもその色が強いのが以下の通り。 タイターが消息を断った2001年から12年後に、中国は初の有人宇宙船となる「神舟5号」の打ち上げに成功、 12年越しにタイターの予言が的中したことになります。 2003年にの母親であるとする人物が、彼に関する本を出版している。 There are also no income taxes. 実際、明確にいつどこで何が起こるかと予言し、的中させた預言者は存在していないようだ。 核戦争後の世界 核戦争後の人類は戦争に疲れ果て、それぞれの国が孤立化した状態になっているそうです。
54