さつまいも 天ぷら レシピ。 「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。

水気を切ったら耐熱ボウルに入れ、水大さじ3を振ってふんわりとラップをし、600Wで約5分レンチンします。

5.きれいに焼き色がついたら完成です。

〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。

ボウルにマヨネーズを入れて少しずつ水を加え、よく混ぜる。

46 56
5cmの厚さのいちょう切りにし、水にさらします。 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 さつまいも、かぼちゃといったでんぷん質が多く身の詰まった材料を、大きなかたまりで揚げ、油から取り出した後の余熱をかなり長くとることで芯まで柔らかく、ホクホクに仕上げる手法です」(近藤文夫さん)。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 5皿分作れるようですよ。 (2)を加えてまぶしたら完成です。 「てんぷら近藤」では2種類のごま油をブレンドして使っているとのこと。 さつまいもは1cmくらいの輪切りにし、茹でるかレンジでふかします。
56