ナパージュ 作り方。 溶けにくい!寒天とゼラチン併用の自家製ナパージュ

今まで通り、レシピ検索でレシピを探して、行き当たりばったりのお菓子づくりをして、大切な時間とお金や健康に無頓着でいることに抵抗のない方は ラクレムデクレムお菓子教室に参加しなくてもいいと思いますが、 本気で《料理上手》《お菓子上手》を目指す方は、是非1日体験を受講されてみてくださいね 冷蔵保存で1週間ほど持ちますが、一般のご家庭からは「そんな短期間に使いきれない!」というお声をいただきます
《良いレシピ》に《正しい調理作業》をあわせることによって 今までの「お菓子づくりが苦手」、「手作りお菓子は下手でいい」を卒業 固まってしまった状態のものを無理やり塗るとうまく塗り広げられなかったり、表面がツヤッツヤとキレイに仕上がりません
ここではそのうちの1タイプ、寒天とゼラチンを併用した溶けにくい、お気に入りのなめらかな使いやすいタイプの自家製 つや出しゼリー、ナパージュのレシピ・作り方をご紹介していきます 製品によってペクチンの量が異なるので注意
ナパージュ(つや出し)のレシピ、作り方のコツなど ナパージュについて ナパージュはゼリー状のつや出しです スポンジに多めにシロップを塗ること (スポンジに多めにシロップを塗ることによって、しっとりとしたスポンジに仕上げることができるため
もう1つがHMといって、ある程度高い糖度と酸(レモン汁など)に反応してゲル化するです ナパージュをたくさん使う人には、加熱タイプの方がコストがいいと思います
ナパージュの塗り方 ナパージュの塗り方は、 フルーツの上から刷毛で塗る方法とナパージュの液の中にフルーツを入れてからトッピングする方法があります 例えばナパージュを100g使いたいときは水は20ccですね
そんなあなたには、一度ラクレムデクレムお菓子教室 の一日体験を受講されることをおすすめします ) 3. 調理の流れを理解してつくるようになるので、段取りがよくなる
このブログのタイトルである「だれウマ」には、「料理が苦手な方、ズボラな方など、誰でも失敗せずに美味しく作ることができるレシピ」といった思いが込められています 料理、お菓子作り、パン作りには小学4年の頃から興味を持ち始め、今までに作ってきた料理は約1000種類とあります
ゼラチンをいれたら、火を止めていんですね フルーツが大きく安定した形で盛り付けられている場合は刷毛で、ブルーべりのように小さくてコロコロした形のものはナパージュの液につけてトッピングする方が良いでしょう
49

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

ネットで取り寄せるのも高くつくし、ついつい使うのを省いてしまいがち。

材料 砂糖・・・60g 水・・・100g ペクチン・・・6g レモン果汁・・・20g 作り方 1. 「ペクチン」を使った方法もありますが、ペクチンってなかなかおうちで使いませんよね。

大容量で売っていることが多いナパージュですが、家庭で使うにはかなり使いにくいです。

シャバシャバですとフルーツにコーティングされずに流れてしまいますし、固すぎると綺麗に塗れずに仕上がりが汚くなってしまいます。

37