キュンメル 男爵。 銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国

宮廷政治に関わる者としては率直で無礼な言動をするが、リヒテンラーデに気に入られ、彼の補佐を務める。

物語に最初に登場したのは端役ながら第8次イゼルローン攻防戦の時であり、当時は親衛隊長で、重傷を負って帰還し、御前報告の末に倒れたミュラーを支える。

リップシュタット戦役ではメルカッツの能力を正しく評価して使いこなす一方で、貴族とは能力のある者を使いこなす能力が重要(すなわち功績を挙げたメルカッツよりも、そのメルカッツを用いた自分が有能)だと傲岸不遜な発言をしてシュナイダーを苛立たせる。 普段は、宰相府に保管されていたが、帝国暦488年9月、ミッターマイヤーが奪取。 門閥貴族が跳梁する現状を憂いて帝国の未来を憂慮すると同時に、門閥貴族らほど、あからさまではないが、自らの地位と権力を愛している。 バイエルラインやビューローと共に名が挙がる勇将。 一方でラインハルトはアンスバッハの忠誠心に美を感じており、彼への恨みは持たなかった(ただし、これはキルヒアイス�. ユリウス・エルスハイマー Julius Elsheimer 声 - 旧 技術官僚。 そのキュンメル男爵が地球教にそそのかされて、ラインハルトが自宅に訪問に来た時に 暗殺を企てるのです。
44 9
ですね それ以外では、結婚問題はさして話題になっていない感じ
それに(あるいはの栄に)反例するかのように、内なるとを芽生えさせて行く ハンス 声 - D マリーンドルフ伯爵家の家令
皇族としての血筋は原作では「先々帝ルードヴィヒ3世の第3皇女の孫」となっているが、ルードヴィヒ3世なる皇帝は存在せず、OVA版では「先々帝オトフリート5世の第3皇女の孫」に修正されている (教訓) 〇ビジネスにおいて、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いは良くない
藤崎版では生前の姿が描かれており、息子と同じくギリシャ風の装いをした、豊かな口髭と胸毛のある中年男性 キルヒアイスとの正面からの艦隊戦となり、数で劣る上に定石から外れた用兵の相手を侮るが、旗艦と本隊の間を分断される
また、同盟に無条件停戦命令を出させたミッターマイヤーとロイエンタールは、同盟のあまりの脆さと脆弱さを目の当たりにしていますし、特に銀英伝8巻~9巻で新領土総督だったロイエンタールは、同盟の汚職政治家を民主的な手続きなしで逮捕投獄することによって、旧同盟の迂遠な民主主義体制を嘲笑すると共に同盟市民の支持を集めていましたよね 当初はケンプ艦隊所属であったが 、元帥府の窓口勤務を経てラインハルトの次席幕僚となる
のちにミッターマイヤー麾下の提督(少将) レンネンにも手持ちの艦隊がいるように思ってしまったのですが、この時点ではまだ同盟政府は存続してますもんね
その後、オーベルシュタインの監視下で生活していたが、フェザーンが裏で糸を引くエルウィン・ヨーゼフ2世誘拐計画がラインハルトに知られると、ラインハルトとオーベルシュタインの談義により、事後対応の一環として、その共犯者として罪を着せられる計画が立てられる アムリッツァ星域会戦 やリップシュタット戦役中にコーネフの輸送船がミッターマイヤー艦隊と遭遇した場面 で登場し、また外伝では捕虜交換式にも参加していたことが明かされる
ビジネスにおいても、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ようでは、チャンスを見誤ることもあろう ウルヴァシー事件において10億帝国マルクの懸賞金に目がくらみ、仲間達と共にラインハルトの命を狙う
86