尖閣 諸島 場所。 尖閣沖は原油や天然ガスの「宝庫」 でも、試掘権の申請は40年近く棚上げ: J

尖閣の東には久米島附近の琉球国領土線が存在し、尖閣の西には台湾島北端及び福建沿岸の中国領土線が存在した。

そもそもでは宣言文は出されておらずカイロ宣言と云われるものは実在しないので、カイロ宣言云々は無意味である。

01 km 2 013 m 石垣島北方167km 、魚釣島東方7. 明らかに琉球に歸屬させる意圖である。
尖閣諸島の島々は中国と同じ桃色を塗り、「釣魚台」「黄尾嶼」など中国名で書いた ところがその「管轄海域」なる場所で外国船舶の臨検をする、場合によっては武器も使用するというのだから、中国がやりたい放題できる海域ということだ
尖閣諸島は琉球の領土でも、日本の領土でもありませんでした 、清の冊封使汪楫は赤嶼の東に「中外之界」があったと記録する
幕府は『三国通覧図説』を「地理相違の絵図」として著者林子平を罰しており 2012年5月14日時点の [ ]よりアーカイブ
また、中華民国総統であったは「」(2002年9月24日)のインタビューでは「尖閣諸島の領土は、沖縄に所属しており、結局日本の領土である 1972• 実際には福建沿岸及び台湾東北海岸に中国国境が存在したが、彼らの論法では完全に無視している
それだけではない 尖閣諸島もアメリカが統治しました
49
1885年から日本政府は現地調査を行い、尖閣諸島が無人島であるだけでなく清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重に確認した上で1895年1月14日の標杭建設の閣議決定によって正式に日本の領土に編入した。 1894年(明治27年)、日本と中国は戦争をします。 、2011年1月7日• そのため高良教授は「このまま放置しておいたら現在生息している海鳥も衰亡の一途をたどる。 これは国際法のにもとづく。 このため、用語の使い方等、厳密さに欠けるところがあります。 一連の手続きについて、日本政府は「」というで認められる領有権取得の方法に合致するものと説明している。