正月 飾り 捨て 方。 「正月飾り」正しい捨て方、知っていますか?(2021年1月5日)|BIGLOBEニュース

竹はあっというまに成長してグングン伸びていくので、寿命が「伸びる」と言葉が掛けられています。 一方、クリスマスツリーと同様の 「飾り物」と考える場合は大切に保管して翌年も使ってかまわないでしょう。 ここで古いお札、お守りなどと一緒に浄火によって焚き上げるのが一般的です。 あなたはどうしますか? text by Sachi Tsukagoshi. ただし、 どの神社でも随時受け付けているとは言えませんし、その神社で買ったお守り等以外は受け付けないという神社も。 お正月飾りの処分の仕方は? ゴミの回収に出す場合に気を付けたいこと どんど焼きの火にあたれば、病気にならないといわれています。 量販店などで購入した飾りには プラスチックや はりがねなどが含まれているものもあるので、分別をしてから捨てるようにしましょう。 その理由を知ると、使い回しをする行為を避け、毎年新しいものを用意して年神様をお迎えするのは大事なことだと考えられるでしょう。 鏡餅は新しい年に来るといわれている年神様へのお供物という意味が込められています。 どんど焼きとは、1月中旬頃に神社やお寺など地域の特定の場所で行われている行事です。

その時に、 正月飾りを一緒に燃やしてもらえば、 煙と共に神様が天にお帰りになります。

正月飾りの飾る日 飾るのに、 適していないのは9がつく日、 すなわち、12月29日です。

お正月飾りの捨て方・処分方法 お正月飾りは翌年も使いまわす家庭も増えてはいますが、本来は毎年きちんと処分してその都度新しいお正月飾りを飾るというのが決まりです。

その後、自宅の敷地や田畑で可能な方はお炊き上げを して、 炎と共に歳神様をお見送りし、その火で鏡餅を 焼いて食べます。

でもお守りと同様に縁起物である正月飾りを家庭の可燃ごみに捨てるというのはありなのでしょうか? 結論から言うと、正月飾りを家庭ごみに出してしまっても特段問題はないです。

正月飾りの正しい処分の方法 先に結論を言いますと、正月の飾り物全般(門松、鏡餅、しめ飾り、破魔矢)は、 基本的に神社で「どんど焼き」をして清めるのが良いでしょう。