マクラーレン セナ。 マクラーレン・セナ作ってみた!製作のポイント☆

マクラーレンの子ども向けモデルは、P1、720Sに続いて3モデル目。

フロントおよびリアには、アクティブエアロダイナミクスが採用され、ダウンフォースとエアロダイナミクスのバランスが図られた。

軽量化のため、P1で日常利用を考慮して搭載したシステムは採用を取りやめた。
エンジンスタートスイッチ、RACEモードへの切り替えスイッチは天井に設けられている。 私たちのチームは、お客様が思わず息を呑むような製品を、デザイン・生産し、お届けすることができます」 「マクラーレン セナ GTR LMは、私たちが約2年間に渡って愛情を注いできたプロジェクトです。 アタックを行ったのはケンタッキー州ボウリンググリーンにあるNCMモータースポーツパークで、全長3. ボディも他のカーモデルとは違い、骨組みにパーツを貼り付けていく感じで、 ちょっとバイクモデルのような感覚。 さらにシャシー関連では、進化した「レースアクティブ・シャシー・コントロールII」によって、4輪それぞれの車高やダンピングを状況に応じて最適制御。 エンジンマウントの剛性まで、迫力の音色のために吟味されているというから驚く。 圧倒的パフォーマンスを支えるパワートレイン 最高出力800ps、最大トルク800Nmを発生するセナの心臓は、V型8気筒4. 0L エンジンで、のM840T型に改良を施したM840TR型が搭載される。
54
0L V8ツインターボエンジンには、の軽量化のためフラットプレーン・クランクシャフトとともに、レースをルーツとするドライサンプ潤滑方式、軽量のコネクティング・ロッドとピストンが採用されています。 恐ろしく速く、間髪をいれずに動く 前後左右の動きの先鋭さと軽やかさに、まずは驚愕する。 スリムモードにすると、走るのに必要最小限の情報のみが表示される。 車高は34mm低い1195mm、フロントトレッドは77mm拡大され1731mm、リヤトレッドは68mm拡大した1686mmというディメンションを採用している。 エキゾーストのサウンドは大きく、鋭く、他のマクラーレン車とは異なり、オートバイ・レースのエンジンが吠えるようなサウンドとなるとのことです。 新しいリアのダブルウォール式クラッシュ構造と、ルーフを一体化させることにより、室内に追加のロールケージを必要とすることなく堅固な構造を実現しながら、圧倒的な軽量化を果たしている。
66
これは、並のレーシングカーなど足元にも及ばないスペックだ。 ちらっとミラーを見れば、ウイングがそそり立っていた。 極めて野心的なこれまでのマクラーレンとは異なる「セナ」 リア右側には「SENNA」の文字が マクラーレン・セナのデザイン・ディレクター、ロブ・メルヴィル氏は、セナの外装デザインについて次のように述べています。 内容としては「火災の恐れ」で、対象台数は2,763台だと報じられています。 音速の貴公子の、これが伝説の始まりだ。 0秒、というパフォーマンスを誇ります。 マクラーレンの市販モデルには「Sport」「Super」「Ultimate」という3つのシリーズがあり、このセナは最上級の「Ultimate」に属するモデル。 「マクラーレン セナは比類なきマシンです。 ヘルメット装着を想定したセンターディスプレイ 新型マクラーレン・セナのインテリア中央に位置するディスプレイは、浮かんでいるように見えます。 このブレーキがなければ、セナのダイナミクスは完成しないと実感させられるのだ。
77