確定 申告 医療 費 控除 必要 書類。 No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|国税庁

8-3. はり・きゅう師や指圧師、柔道整復師へ支払った施術費。

支払った医療費の額 なお、各健康保険組合や協会けんぽから送付される医療費通知書を添付すれば、医療費の明細書の記入は不要です。 8-5. 添付書類台紙• これがないと、確定申告時控除は認められなくなります。 医療費の明細を入力 参考: 「確定申告書」と「医療費の明細書」の提出方法は3つ 確定申告書の提出方法は次の3つがあります。 提出時にマイナンバーの確認が必要なので、書類を忘れずに が、あわせて、提出時に税務署の窓口に、マイナンバー確認種類を提示する、または台紙に貼り提出する必要があります。 以下、ポイントをとりまとめましたのでおさえておきましょう。 しっかりレシートをとっておいてくださいね。 雑損控除• 医療費の対象は「 治療を目的としたもの」で、次のようなものが該当します。
53
もし要件を満たさない場合は、領収証にて申告をします。 年に数回しか病院に行かない方はほぼアウトでしょう。 確定申告期間は、原則2月16日~3月15日(祝全日) 確定申告は、毎年2月16日~3月15日と設定されています(確定申告期間開始・終了日が土日祝日の場合、期間はズレます)。 「医療費控除の明細書」という書類に、各医療機関の合計額のみを記入すればOKとなります。 「契約者貸付制度」もあるので、困ったときに資金援助をしてもらうこともできます。 詳しくは をご参照ください。 申告者:医療太郎 年収:500万円 給与所得控除後の金額:3,460,000円 支払った医療費の合計:600,000円 保険金などで補填される金額:420,000円 上記のようなケースでは、以下のように記入します。