雇用 契約 書 記載 事項。 雇用契約書についての基礎知識・記載事項・注意点まとめ

退職に関する規定 パートタイム労働者に対しては、上記事項に加え、次の4つの事項についても文章等で明示しなくてはなりません。 既存の雇用契約書に不安がある場合、また改善の必要がある場合などは、労務や労働問題に強い弁護士がそろう「咲くやこの花法律事務所」までトラブルが発生する前に早めにご相談ください。 雇用契約書の作成手順6:休日 雇用契約書では、労働基準法に基づき休日の日数を記載する必要があります。 雇用契約書作成の注意点4:退職金の記載 退職金とは、退職する際に支払われる賃金を意味します。 賃金の決定・計算・支払いの方法• 出身地:奈良県。 仮に契約を更新しない場合 有期雇用契約が3回以上更新されているか、1年以上継続して雇用されている人だけに限る 、30日前までに予告しないといけません。 雇用契約書の内容や労働条件通知書の内容がおかしい• 内定通知書は、企業側から労働者側に向けて意思を表示するものである一方、雇用契約書は労働者側が入社する意思を表示した後で、労働条件への合意を得る書類ですので、交付するタイミングや目的に違いがあります。 雇用契約書の内容がおかしいと感じたら、その場でサインをせず、各都道府県労働局、全国の労働基準監督署内に設置されている総合労働相談コーナーなどにご相談ください。 しかし、必ずしも双方が合意したうえで署名捺印する雇用契約書の形でなくとも、会社側が一方的に労働条件を通知する「労働条件通知書」や「雇用通知書」のみでも問題ないのです。
59

雇用契約書の作成手順8:就業時転換 所定労働時間は変則的またはフレックス制の場合は、それぞれの労働時間パターンを記載します。

その他 高齢者や高度専門職のように無期転換ルールの特例がある場合は、その旨も明示しておきましょう。

ネット上ではテンプレートも数多く用意されていますが、相対的明示事項は企業によって異なりますので、自社向けの雇用契約書として適切に機能するかどうか見極める必要があります。

絶対的明示事項とは、労働契約期間や就業場所など、業務をする上で雇用主と労働者がお互いに共有すべき事項です。

残業に関しても、残業手当を払わなければならないことが法律で決まっています。

具体的には、「商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業」のいずれかの業種の10名未満の事業所については、所定労働時間が1日8時間以内かつ週44時間以内であればよいとされています。

それが会社への信頼感にもつながっていきます。

多様な働き方が求められる昨今、どの労働時間制を採用するかを決めておきましょう。

相対的明示事項には、以下の項目があります。

たとえば、就業規則で「土日祝日を休日とする」と規定しているのにもかかわらず、契約社員の雇用契約書で「休日は日曜日のみ」としてはいけません。

21