ロミオ の 青い 空。 「ロミオの青い空~ピッコロショップ~」オープン!

オコジョをどうしても飼いたくて、色々調べ、近しいフェレットを飼うことに。
何気におばさま方(当時お姉様だからもうおばさまでいいよね?)に超絶人気のアルフレドは 4話で初登場なわけですが、 小憎たらしいダンテもこの回が初登場なんですよ。 アンゼルモが騎士(ナイト)になるかもしれない時は驚きと怒りを隠せなかった。 ロミ空が映画化するかも?と。 もしかしたらそんな風に「おかしい」と感じることがアルフレドの死の意味なのかもしれません。 アルフレドが国王に謁見し叔父の陰謀を暴露する際には黒い兄弟と一時手を結び協力する。 常に苛立っており、金に汚く口うるさい。
70
2005年9月に、当時の制作関係者を交えた10周年記念イベント「10~dieci~」が開催され300人以上のファンが集まった あっという間に最終回になり(初めて観た回がそもそも最終回の2話前) ちゃんと見てみたいという想いが強くなり、番組表を見ると流石はケーブルテレビ
また、主人公ロミオの健気な生き様を見て『勇気が出た』など、などに遇っていたりを考えた視聴者から、演じた宛てに感謝の手紙が寄せられたことがムック本 [ ]で綴られている 酒場の親父に使われている
【エポスカードご入会特典】 期間中、イベントスペースにてエポスカードに新規ご入会いただいたお客様に ポストカードコンプリートセットをプレゼントいたします 」 「ほう
旅の途中ロミオは同じく煙突掃除夫になるためミラノに向かう少年アルフレドと出会う ニキータのことが好きだった
…また会おう!」(うろ覚えですが…)まねしたわけじゃないですけど僕が好んで言った台詞です 」 「まず言葉足らずであったことをお詫びいたします
66
街に来るサーカス見たさに仲間が団結して資金を集めるも、 ミカエルというヘタレキャラのヘマで台無しになる回 (穿った見かただが事実を述べただけだ) これまで名作劇場を見た事がそもそも無く、アルプスの少女ハイジ系でしょ?としか 認識してなかった(正確にはハイジは名劇ではない) 名劇は子供が見るやつ〜などと何故かちょっと小馬鹿にしてたぐらいだ。 まぁ外注はしゃーないですよ、納期までに間にあわせるためにはそういう選択もせざる得ない時もあります。 団結の歌 横田和善 宮下新平 大城勝 佐藤好春 第19話 6月18日 おばあちゃんは魔法使い 松川智充 楠葉宏三 井上鋭 佐藤好春 第20話 7月2日 テオじいさんの人形劇 横田和善 宮下新平 大城勝 佐藤好春 第21話 7月9日 アンジェレッタの秘密 楠葉宏三 楠葉宏三 井上鋭 佐藤好春 第22話 8月6日 おばあさまに会えた! 身のこなしが軽くケンカも冴えているが、ジョバンニ不在の戦いでは、頭脳戦に負けている(刃物で脅したサソリ団のマルコからリオを救えず後から来たジョバンニに任せている、聖サンバビラの戦いでは実力を発揮できず倒されるなど)。 外注はしたくなかったとオフィシャル本のどこかに書いてあったかと思います。 その後は暴力や盗みは行わなくなったが、結局改心はせず、最終回でも変わらず人身売買を続けている。 エッダ・ロッシ 声 - マルチェロの妻。 しかし一家の畑を悪人の陰謀で失ってしまい、ロミオは家計を助けるために、自らを人買いに売りミラノへ煙突掃除夫としてやって来る。 「黒い兄弟」の中でいちばん背が高いがやせている。 (CV:)• 冷淡で厳しい性格から「氷の伯爵夫人」の異名を取る。
22