剣盾 ダイマエース。 【S13 最終190位/2011】ダイマッシブ【剣盾シングル】|たまえよ|note

HC個体にしたことでミラーの撃ち合いに強くなったり、ックスして1体持っていけたりと、相手に負荷を与えられて使用感はかなり良かったです。 たまに役に立つこともあったが、あまり発動機会は多くなかったので、壁との相性がいいシェルアーマーを採用してもよいと思われる。 ドラパルト(H4) 213. あとは、タスキ枠として無難に強い 悪ウー、相手のとムゲンダイナが重いので ドラパルト、型を誤認させるための を採用し、構築が完成した。 それは、有名な並びであるため自分のの型がバレてしまい、相手に対処されやすくなっているからだと考えた。 はじめに このカビゴンは有利な相手との対面から「はらだいこ」を積んだ後、全抜きないし2抜きすることが目的です。 前述の通り、強力な先制技を持つゴリランダーも対面性能は高いため、この枠を兼任することになる。
こちらが攻撃するまでに2回殴られますが有利対面のため確実に相手を倒すことができます。 相手の能力変化を無視して技を撃てます。 ただ、書いてて思ったが、準速80族抜きまでは振ったほうが良いかも。 主にミミッキュが居る構築に選出します。 それでも145位となかなか良い順位で終われたので、よかったです! これからもと頑張りたいと思います。 特殊相手なら不利な相手が少なく選出機会も多かったので採用は正解だったと思う。 弱点保険のおかげもあり、明確な不利対面が少なく、とりあえず迷ったらを出していた。
26
起床後2連敗してしまいほぼ諦めながら戦っていたが急に流れを掴み最終1桁を目指すことに。 関連記事 カテゴリ一覧 -. Aを出来るだけ下げずにB方面に厚くする振り方ですが、活きる場面は多かったです。 キョダイサイセイの火力増強にどうぞ。 レイスポスも全然見なかったので、エスパータイプが居た時に選出しただけですが、殆どの試合で活躍してくれました。 また、物理攻撃も優秀で種族値110もあります。 やジュラルドン、など他にも候補はいるが、を採用したのは 特性威嚇と ドラパルトに強いためである。 シーズン前半はHBの個体を使っていたのですが、ミラーマッチがあまりにも多く発生するため、シーズン後半からはHC個体に切り替えました。
1