愛子 さま 天皇。 愛子さまが「ICU」ではなく「学習院文学部」を選ばれた“意味” 天皇陛下も「本人の意向を尊重」

「12月末に愛子さまが『文学部日本語日本文学科』に内定されたと聞き、とても意外に思いました。

だが、いまはまさに女性の時代。

見えない未来に向かって、天皇ご一家は新たな一歩を踏み出されていた。

また、岩井氏が驚いたのは、この情報の精度である。

そもそも、法律でそう決まってるのだから、愛子さまが即位するのは無理な話ですよ」 皇室担当記者 「女性の輝く社会をつくる」そう掲げた安倍首相は、第二次改造内閣では5人の女性閣僚を起用し、女性登用促進のアピールに余念がない。

「愛子さまが養蚕をされていたことは(今回の発表で)初めて知りました。

また英語の実力も相当なもので、皇太子殿下が『愛子は私よりきれいな英語を話す』とおっしゃっていました。

晴れやかな雅子さまの笑顔、優しい紀子さまの笑顔、にこやかな愛子さまの笑顔、ただそれを見るだけで国民は満足なのです。

コロナ禍で一般参賀のお手ふりや晩餐会の機会はなさそうだが、単独公務も増え、ご両親を支えることになる。

民主党の野田政権のときに目新しい「女性宮家」という言葉が出てきて、マスコミが飛びつき、言葉が独り歩きしているように感じます。

しかし、女性皇族の結婚相手を、男系男子につながる旧皇族に限定すれば、男系は維持される 「2000年近くもひとつの皇室が続いた国は、日本以外どこにもない
皇居・宮中三殿に参拝し、宮殿では、ティアラなど宝飾品5点とローブデコルテの正装で、天皇陛下から宝冠大綬章が授与される 天皇陛下を支え、長女・愛子さまを温かく見守ってきた皇后陛下ですが、その8日前の12月1日に19歳となられた愛子さまのご成長ぶりには、とりわけ目を見張られているように拝察しております
(原文を平仮名に修正、句読点挿入) 第一 皇位は男系を以て継承するものとす 一方、東京大学・宍戸常寿教授は、憲法には皇位の世襲にあたり女性を排除するものではないので、女性皇族の皇位継承は認められるという立場だ
お友だちにお会いする機会もほとんどなくて、ほんとうにお気の毒です」 未成年皇族ということもあり、これまではメディアが愛子さま自身について発信する機会はあまりありませんでした 一方、 美智子さまが愛子さまと養蚕を楽しまれたという話はありません
皇室ジャーナリストも、驚いた様子で語る 記者会見では今年12月に成年皇族となられる愛子さまに、こうエールを送られた
近重:皇統は男系男子の継承で、126代にわたり繋いできました かつては天皇の血統が絶えることを懸念し、側室を置き世襲宮家も存在した
79

同日発表された文章において紀子さまは、延期が続く眞子さまの結婚行事について 「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と思いを滲ませた。

こうした「皇統は男系に限る」というテーゼに対して、女系容認派・愛子天皇派からは、 明治時代に定められた皇室典範の草案で「女性天皇」と「女系天皇」がともに認められていたことがよく引用され、「愛子様が天皇に即位して、その子供が皇族となることも問題ない」と、よく聞かれます。

しかし、手をつけようとしないデリケートな女性関連問題がひとつある。

文/佐藤公子 美智子さま、眞子さまへの慈愛 美智子さまは11日、上皇陛下と共に皇居を訪ね、宮内庁病院において定期検診を受けた。

愛子さまの養蚕 宮中での養蚕は、1871(明治4)年に昭憲皇后によってはじめられ、今日にように神事の形をとるようになったのは1917(大正6)年からである。

愛子内親王に、天皇という厳しい人生を早々と強いることに不安と憂慮を抱いたのかもしれない。

実は愛子さまは、6年も前から日本古典文学への思いを静かに温めていらした。

48