厄払い お金 封筒。 厄払いの初穂料を連名にしてもいい?のし袋の書き方はどうなる?

神社と詰所、お神輿にお金を包みます 上部に「御初穂料」、下部に氏名を書くのが決まりです
地鎮祭などで、会社で行う場合は会社の正式名称を書いてその左に代表者の役職名、その下に氏名を書きましょう ただ、ローカルな神社などで、お一人だけ祈祷などと云う場合、玉串料・初穂料は「お気持ちで」と云われる場合があります、その時は、お気持ちの金額、通常5000~10000円程度を封筒に入れて、お渡しください
のし袋に中袋がある場合の書き方 のし袋表の上段には、• なお、 連名の場合も初穂料は人数分が必要になるので、そこは間違えないようにしてください また、既婚の兄と未婚の妹が一緒に厄払いに行きました
白封筒に入れる• のし袋に中袋がない場合の書き方 のし袋表の上段には、• のし袋に入れる の3種類の支払い方があります 中袋なしの場合は、表書きで、すでに名前は書いてあるはずですから、 裏書きには金額と郵便番号・住所を書きます
金額を書くときは「金 〇〇円」と書きますが数字は普通の文字でもいいですし難しい漢数字を使ってもよいです 寒い季節ですので暖かい服装でお出かけください
92