猫 じっと 見 て くる。 猫がじっと私の顔を見つめてくるときがあります。よく行く猫カフェ...

餌をくれる人もいれば、捕まえようとしてくる人、遊び半分追い掛け回す子供もいます。

例えば家の外の車の音や、水道管の水が流れる音までも聞こえると言われているんです。 飼い猫が飼い主を見つめる理由 飼い猫は、飼い主の顔を見つめたところ、エサをもらえた、なでてもらえた、遊んでもらえたなどのプラスの経験を経て、顔を見ることで自分にとってプラスが起こりうることを学んだから 参考:藤井仁美先生・「お願い、聞いてもらえる?」-ねこのきもちクイズ Benesse より まあですからこの説が正しいとすると、結論は「顔を見つめてやりゃあ願いをかなえてくれるんじゃね?」ということを経験から学んだ行動だった・・・というところに落ち着きそうです。 しかし仮説が正しいとすると、厳密にいえばおねだりというよりも、「おねだりをしよう!」という猫の心理がじっと見つめるという行動に反映されているのかもしれませんね。 また芸術的な能力が向上する、という意味もあります。 人間の心にあるネガティブな思いや、家の中の邪気を払ってくれるでしょう。 猫が「遊び相手になってよ」とおねだりをしています。 しかし、飼い猫が目を見開いて飼い主をじっと見ていたら、それは全く異なる意味があります。 最初は飼い主のそばで一人で丸くなって寝ていたりもします。 もし目が合ってしまったら、さっと視線をそらすか、まばたきをして、ケンカしたいわけじゃないよ、ということを伝えましょう。
97

動く物に鋭く反応するのもよく知られる猫の習性ですが、これも「じっと見つめていた物」が突然動き出すものだから、凝視を継続しようという無意識の意識が働いているのではないか・・・ という憶測も成り立たなくはありませんよね。

野犬は噛んだ後、すぐに走り去っていきましたので、それ以上の怖い思いはしませんでしたが、今思うと野犬の方も子供とはいえ見知らぬ人間が怖かったのでしょう。

これは、第二次世界大戦の時代にフェレンゲルという博士と、その愛猫のシュターデンが立証した説なんです。

猫の目をじっと見るのは、ケンカを売っていることになるからです。

猫は好奇心が旺盛です。

動物と目を合わすということ 猫からしたら10倍以上の大きい人間はバケモノです。

確かに飼い主だって「動く者」ではありますが、うーん・・・やはり一般的な「猫の凝視」とは完全に分離して考える必要がありそうです。

追いかけまわす 猫が、驚いたり苦手な人から逃げたとき、それを追いかければさらに恐怖を与えてしまいます。

最もわかりやすいのは食べ物でしょう。

まっすぐ向かって行くと猫は身構えるので、視線を外し、円を描くように迂回しつつ距離を縮めましょう。

17