十 二 国 記 アニメ。 群書類従. 第594

風の海 迷宮の岸総集編 「十二国記の世界 風の海 迷宮の岸編」• 碧霞玄君は麒麟たちが泰麒を探すことは天網に反しないと告げるが、陽子は天網とそれに違反した場合の罰が非常に教条的であることと、天という組織が実在することに驚き、単に不思議な世界と思っていた十二国世界に違和感を覚える。

遠甫の教授や蘭玉・桂桂の姉弟との触れ合いの中で、陽子は蓬莱とは常識から異なるこの地の風習を学んでいく。

『落照の獄』(2009年)• 印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。

6』 2008年2月27日発売、新潮社)• 達王に仕えた後は出身地の麦州・支松(古称は支錦)で人道や世界の理を説く私塾(義塾)「松塾」の閭胥のような事をしており、浩瀚や柴望らを教えた。

文字の組みかたが違い、講談社文庫版の方がつまっている。

別名・黄海の守護者。

40 32
原作でもアニメでも何組かの旅芸人の一座が登場するが、アニメではそのうち台詞付きで登場する旅芸人の一座が全て同じ旅芸人の一座である 12歳で登極した歴史上最年少の女王
傷ついた驍宗と李斎を守るという強い思いから、泰麒は初めて折伏に成功し、饕餮を使令に下すという前例のないことをやってのけたのであった 近年は泰麒探索を名目に年に1回程度蓬莱との間を行き来している
泰麒は反乱で襲われた際に角を失っており、十二国で暮らした記憶を失くしひどく穢れ弱って、麒麟というよりただの人という状態だった 王が死ぬと麒麟が新たな王を選ぶ
かつてこの世界を一度滅ぼし、今の世界を作ったといわれる存在 桓魋(かんたい) 声 - 姓名は青辛(せいしん)
そして、蓮花は嘉慶の部下である候風の支僑の手伝いで燕の巣と卵の調査を行い、自分の未来を飛び立つ燕に重ね合わせた 「黄昏の岸 暁の天(上)」2001年5月15日発売 、• また、昇山者同士の喧嘩で出会った禁軍左軍将軍の驍宗には、恐怖に似たものを感じる
葆葉は無鑑札の石を買い取っていることは認めたが、売り手を詮索はしていないと言って、早々に李斎らを追い出す Blu-ray BOX特典ドラマCDでは家族と共に食い殺された
94