手術 の 侵襲 うつ 病。 名倉潤さんを襲った手術後の「うつ」は高齢者も要注意!その兆候とは? (1/1)

広島大学大学院医歯薬保健学研究科(医)医学講座精神神経医科学 岡本 泰昌(おかもと やすまさ)、岡田 剛(おかだ ごう)、高村 真広(たかむら まさひろ)、山脇 成人(やまわき しげと)• 術後の違和感により「この状態がずっと続くのではないか」「このまま続いたら仕事が出来なくなるのではないか」「仕事が出来なくなったらどうしよう」というように先の先を考えて不安になり、うつに陥るという状態です。

Contents• 方法と結果 参加者は、わが国では596人のうつ状態のうつ病患者、158人のうつ状態の双極性障害患者、777人の健常者に参加してもらいました。

血糖値が極端に高くなれば昏睡(ケトアシドーシス)になり、極端に低くなっても昏睡(低血糖性昏睡)になります 周術期では血糖値が大きく変化する可能性がある ところが手術を受けた患者さんでは、このような血糖値の自動調整機能が損なわれてしまうことが多くなります
輸液管理といった糖分摂取量や摂取方法の変化• メンバーの原田泰造(49)と堀内健(49)は連名で、「潤ちゃんが元気に戻るまで、そして安心してゆっくりできるようにしばらく2人ネプチューンで頑張ります!」とリーダー休養中の奮闘を誓った 高血糖状態が続くと、抵抗力が下がり、感染症を引き起こしやすくなります
その時点で細菌が血流に広がるリスクが高まった なお、手術が可能とされる血糖値の目安は以下です
そしてこの思考回路にはまると、うまくいかない一人のことが気になりだしてうつ気分に陥りやすいと言えます 一方でちょっと問題がありそうな人や悪いことには注意が集中します
「手術は成功し、すんなり退院できました ICUに入室が必要のない手術の場合でも、一般病棟で同様の連続モニター管理と血液検査を行います
一つには、これまで元気で過ごしてきた方が「病人」になるという状況になり仕事を休むことで自分がこれまで築いてきた役割や立場が変化したり、変化するのではないかと不安を感じたりすることで、気持ちの落ち込みが起こりやすいといえます Aさんの場合は特に根拠がなく「なんとなくそう思う」という想像でした

手術によって生じる体内環境は、通常の生活では出会うことのない特殊なものです。

こうした人たちの中には、退院し自宅療養の段階になっても不安がぬぐい切れず、本格的なうつ病へと移行してしまう人が少なからずいます。

手術の過程で体に炎症反応があり、それがうつの原因になった可能性もあるのだ。

手術の経過は良好だったが、手術の侵襲によるストレスが要因で鬱病を発症し、医師から一定期間の休養が必要と診断されたため、再び休養することになったという。

細菌を培養する実験や検査では寒天培地がよく使われますが、この血液と糖分の組み合わせほど、細菌が好むものはありません! これは手術を受けた患者さんにおいても同様で、高血糖の患者さんの創部は細菌にとって絶好の繁殖地になります。

ただ詳しく話を聞くと、Bさんと具体的に何かトラブルがあったわけではなく「なんとなく嫌われている感じ」「避けられている感じ」なのだそうで、Aさんの不安には根拠がないこともわかりました。

86