芦田 愛菜 ガラシャ。 「麒麟がくる」芦田愛菜「のちの細川ガラシャ」光秀の娘・たま役ビジュアル公開|シネマトゥデイ

その生きざまだけでなく美人だったといわれることから、多くの女優が憧れる役になっている。

もちろん、光秀も大喜びしただろう。

『細川ガラシャ』 楽曲• 場面写真を含めてビジュアルが公開されるのは今回が初で、キャッチコピーは「光秀の愛娘 のちの細川ガラシャ」となっている。

その時々の若手美人女優が配されているように、ガラシャは美人だったと言われているが、その説は、『明智軍記』(ガラシャの死から100年以上経った江戸時代中期に書かれた明智光秀の軍記物で、史料的価値は低い)の次の記述から来ている。

誕生したのは、越前国だったといわれている。

十兵衛と信長の出会いから「本能寺の変」に至るまで、帰蝶の目線で振り返ります。

最近の大河ドラマではさん(『江~姫たちの戦国~』2011年)や、さん(『真田丸』16年)が演じてきたガラシャ役。

好感度の高い芦田とあって、大河ファンの注目を浴びそうだ。

肝心の本人同士はというと、忠興と玉は仲睦まじく、結婚した翌年には長女が、その次の年には長男が生まれている。

78