夫婦 間 贈与 税。 夫婦間の贈与で贈与税が発生するケースとしないケース

ここからは、夫婦間でも贈与税がかかるケースについて、具体的な事例を上げてご紹介します。

夫婦でのお金のやり取りなのに贈与税がかかるなんて納得できませんよね。 夫が妻に結婚祝儀として200万円の時計を贈呈 お祝いやお見舞い用の贈答品や金銭などは、「 社会通念上相当と認められるもの」であれば贈与税は課税されません。 贈与の意志があって妻の口座に入金しているのであれば贈与税の対象ですが、夫婦の貯蓄として同じ口座で管理する目的であれば、贈与税の対象とはなりません。 ただし、同じ配偶者からの贈与については一生涯に一度しか適用できない他、贈与後の不動産に係る税金(不動産取得税、登録免許税等)や、受贈者が贈与後に死亡してしまった場合など、留意点もございます。 【申告時に必要となる主な添付書類】• 将来の相続税対策として妻に贈与をしたい場合については、基礎控除を含め贈与税の非課税枠を活用して贈与をおこないましょう。 相続税の税務調査は、相続税申告の何件に1件の割合で行われているかご存知でしょうか? 正解は・・・ なんと 4件に1件です!! しかも、一度税務調査に選ばれると、82%の確率で追徴課税になっています! そんな恐ろしい税務調査ですが、何が問題になるかというと、その多くは過去の生前贈与についてなのです。 夫婦間で贈与税がかかる具体的なケース 高額な贈り物をしたケース 現金以外でも高級車や宝飾品などをプレゼントし、110万円の基礎控除額を超えた場合は、贈与税がかかる可能性があります。 贈与税の配偶者控除をうまく活用すれば、同時に相続税の節税をすることも可能だということです。 当法人では、 完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。
24