さよなら 青春 歌詞。 さよなら青春

困るものじゃないからいいけど、小さく舌打ちをした。

すごく切なくて、どうしようもない現実がただそこにはある。

この間、本荘のうたごえ喫茶とかあってしゃ、忙しかたんで楽譜作れなかったども、まだやり出したんで出来次第送ります。

一つ一つの別れを悲しんでいる間に時間は過ぎていきます。

さよなら青春という曲名の意味を考察 「青春」は夢や希望に満ちた若者の時期をいい、人生の春に喩えられます。

28