ドロドロ ゴン。 チョコットランド 初心者攻略 ★チョコビギ!★ 素材集め

「融合素材代用」の方は2003年時点で個人サイトでの使用を確認できるので、カードwiki成立 2005年 以前から使われていた表現の模様 カードwikiで便宜的に作った造語ではなく、コミュニティで自然発生した表現ということも言える
-- 名無しさん 2020-01-18 13:08:59• これにより、 「 星杯の神子イヴ」の展開に加えて「任意のリンク2モンスター」 及び「リンクトークン(2体目)」が盤面に残り、なおかつ「 星遺物を継ぐもの」を筆頭とする各種【星遺物】による展開サポートが加わるため、ここからデッキに合わせて様々な展開ルートを組むことができます 禁止も当然 -- 名無しさん 2020-09-14 13:43:43• それがカテゴリ内で完結していればいい
いや、リリーサーはもう許されないでしょ 海外で禁止だしこっちも覚悟しておこう -- 名無しさん 2020-01-18 22:25:49• 汎用素材で出せるレベル 6シンクロモンスターであり、属性・種族からサポートカードも豊富に存在します 師匠もレッドアイズもいないのにどっから出てきたの君 -- 名無しさん 2020-01-28 14:37:15• ドロドロゴンの弱点 《ドロドロゴン》の弱点を紹介します
netから送信されますので 受信設定をお願いいたします だから、正規融合じゃなくても出せるとかドラゴン族効果モンスターを素材にできるとかはKONAMI的には計算のうち
シンクロから融合展開ができるようになった革新的な存在 召喚条件は チューナー+チューナー以外のモンスター 1体以上になっています
むしろ以前から新ルール版の展開ルートが各地で研究されていたほどで、その潜在的な危険度はもはや計り知れなくなっている面もありました ここから展開例です
【召喚獣】デッキのキーカードです。 攻撃モンスターが1体だけでも、エンドフェイズに 《リンクリボー》を特殊召喚し、 《太古の白石》を墓地へ送ります。 「星杯」自体も展開力は非常に高く、墓地にリンクモンスターが溜まりやすいので《クロック・リザード》と相性がいいです。 さらに、相手エンドフェイズに 《太古の白石》の効果を使えるなら、再びセットすることができます。 自分の墓地からカード5枚を選んで裏側表示で除外する。 「クロック・ワイバーン」の代用として 「 Muddy Mudragon」を使えますので、自分フィールドにリンクモンスター 1体以上と 「 Muddy Mudragon」が並べば融合召喚が狙えます。 《星杯の守護竜》と 《星杯の神子イヴ》で 《ドロドロゴン》をシンクロ召喚。 3 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
20 96