It 重 説 対応 物件。 IT重説対応物件とは?忙しい人や遠方の人は積極的に利用しよう!

IT重説のメリット・デメリットとは? メリット 1. IT重説の説明の仕方によってはトラブルが増える 2つ目の問題はトラブルが増えるってことです。 対面での重要事項説明の場合、物件の提案から契約までに複数回の来店・対面コミュニケーションが必要です。 「マンションの価格の決まり方とは?新築と中古の違いについて」• Skype• まして、説明において、キャンセルしたくなるような重要事項が出てきたとしても、いまさら引き返せない状況であることは明白です。 2019年〜2020年を目処に整備が進められている5G回線が実用化すれば、VR動画による内見もかんたんにできるようになります。 全不動産会社が賃貸契約に関するIT重説実施を認められています。
93
不動産事業者は「聞いてなかった」ことを原因とする紛争を防止する為に「重要事項説明書」を説明する必要があります。 「不動産業界の仕組み」• まとめ:IT重説を活用した不動産売買はイエツグまで IT重説は対面での手続きが不要であることから、コロナ禍中の不動産取引方法として注目されています。 IT重説への取り組みやスタンスによって、どのシステムを導入するかそれぞれ検討してみてはいかがでしょうか。 メールで重説を送るだけでは説明義務を果たしたとは言えません。 IT重説はインターネットを通じたテレビ電話で行えるため、 宅建士と直接対面する必要がありません。 「不動産事業者が大好きな儲かる物件とは?」• 賃貸借取引においてIT重説を実施することにより、遠隔地に所在する顧客の移動や費用等の負担が軽減することや、重要事項説明実施の日程調整の幅が広がるなどの効果が期待されます。 特に「抵当権」には要注意です。 耐震診断の内容• この入居予定者の時間・費用面における負担軽減は、事業者側にも大きなメリットをもたらします。
72

IT重説はインターネットを利用し、テレビ電話や動画と音声の両方でお客様に重説を読むことです。

そのため不動産関連の契約になれていない人は、一度説明を聞いただけでは理解しきれないことも少なくありません。

また、インターネットを通じて映像・音声のやり取りをするためのWeb会議システムを利用する必要も生じます。

国土交通省によると、IT重説は以下のように定義されています。

特に繁忙期においては、重要事項説明のみの来店対応のために空けていた時間を他の接客に回すことができるため、不動産事業者の業務効率化にもつながります。

ここが、IT重説に対しての業界的な温度差なのかなと。

「通常は、玄関からスタートし、リビングやキッチン、寝室、浴室・トイレといった水まわりなど、部屋の全体がわかるよう、一通り、映像を見ていただきます。

不動産事業者・入居予定者間の飛沫感染や、書面の受け渡しによるウイルスの媒介を防止できるほか、移動を伴う電車やバスなどの公共交通機関で感染してしまう心配もなくなります。

手付金は契約の記名押印が終わった段階で手付金を売主に渡します。

55