優里 かくれんぼ 歌詞。 かくれんぼ

しかし彼女は、、、. もういいかい、もういいよ イライラが積み重なり、お互いに余裕がなくなってしまっていた日々に対して「ごめんね」とそっと謝ります
おそらく「君」には好きな人がいて、自分のことなど気にもとめていないということに、気がついたのではないでしょうか? 「君」が戻ってこない理由もすべて理解した上で「ひとりにしないで」という「僕」の悲しみが歌われています 別れて正解だったはずなのに、声も顔も不器用なとこも、なぜか 「全て嫌いじゃない」のです
その心情を考えると、肯定の色が強くなるというのは、後悔の念が増していることを意味するのではないでしょうか 「かくれんぼ」で描かれている、自分を見つめ直し「君」に戻ってきてほしいと願っている「僕」 別れという道を選択したけど、「貴方」への思いを断ち切ることができなかった「私」 一つの物語を、違う視点から描くことで、それぞれの思いを表現することに成功した楽曲は考察をしていて、非常に興味深かったです
スポンサーリンク 歌詞 多分、私じゃなくていいね 余裕のない二人だったし 気付けば喧嘩ばっかりしてさ ごめんね ずっと話そうと思ってた きっと私たち合わないね 二人きりしかいない部屋でさ 貴方ばかり話していたよね もしいつか何処かで会えたら 今日の事を笑ってくれるかな 理由もちゃんと話せないけれど 貴方が眠った後に泣くのは嫌 声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの ドライフラワーみたい 君との日々もきっときっときっときっと 色褪せる 多分、君じゃなくてよかった もう泣かされることもないし 「私ばかり」なんて言葉も なくなった あんなに悲しい別れでも 時間がたてば忘れてく 新しい人と並ぶ君は ちゃんとうまくやれているのかな もう顔も見たくないからさ 変に連絡してこないでほしい 都合がいいのは変わってないんだね でも無視できずにまた少し返事 声も顔も不器用なとこも 多分今も 嫌いじゃないの ドライフラワーみたく 時間が経てば きっときっときっときっと色褪せる 月灯りに魔物が揺れる きっと私もどうかしてる 暗闇に色彩が浮かぶ 赤黄藍色が胸の奥 ずっと貴方の名前を呼ぶ 好きという気持ち また香る 声も顔も不器用なとこも 全部全部 大嫌いだよ まだ枯れない花を 君に添えてさ ずっとずっとずっとずっと 抱えてよ 作詞︰優里 歌詞の意味・解釈 1番 多分、私じゃなくていいね 余裕のない二人だったし 気付けば喧嘩ばっかりしてさ ごめんね 「ごめんね」から始まる冒頭歌詞 それが今では、呼んでも返事がなくまるで1人で「かくれんぼ」という遊びををしているような孤独感
彼女がいなくなってしまったことを「かくれんぼ」に例えています そのうえで歌詞を見ていくと、楽曲の切なさや愛しさがグッと上がります
A:もういいかい B: もういいよ 本当にあったことを混ぜつつ、想像しながら書いたというか
終わりに(『かくれんぼ』に関する優里のコメント) この記事では、優里さんの『かくれんぼ』という曲について歌詞の意味を考察してみました その模様は、本日10月30日22時よりYouTube上にてプレミア公開される
路上ライブでの運命的な出会いから、短期間でアリーナに立つこととなった優里さんは、「かくれんぼ」や「ドライフラワー」など多くの人が共感できる素敵な曲が、動画配信アプリ「TikTok」で多くのユーザーにカバーされ有名になりました! 次章からいよいよ「かくれんぼ」の歌詞考察をしていきます! 「かくれんぼ」のアフターストーリーである「ドライフラワー」の歌詞考察もしているので、ぜひご覧ください! 「君」から発せられた「またね」の三文字 今更戻ってもうまくいかないことはわかっている「私」はまた「きっと」を繰り返し自分に言い聞かせます
18 62

「いつか何処かで会えたら今日の事を笑ってくれるかな」と、 別れがベストな選択だったと 前向きな意味づけをしようとしている私。

「貴方」とのすれ違い 「貴方」との思い出を忘れようとしているけど、「貴方」から連絡が来るたびに思い出してしまう。

優里さん『かくれんぼ』の歌詞 カクレンボ words by ユウリ music by ユウリ Performed by ユウリ. この後、二人がどういった人生を歩んでいったのか気になる終わり方でした。

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第66回の詳細が発表された。

今回はTikTokで多くのユーザーにカバーされている優里(ゆうり)さんの「ドライフラワー」について考察していこうと思います! 「ドライフラワー」はどんな曲?「かくれんぼ」との関係は? 「ドライフラワー」は2020年に優里さんの2ndシングルとしてリリースされ、きれいなメロディと共感できる切ないストーリーは多くのリスナーの心を鷲掴みにし、リリース13週目にしてストリーミング累計再生回数が1億回を突破という男性ソロアーティストの最速記録を樹立します。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。

初めての作詞作曲でこんなにも多くの引きつける曲を作れるのは素晴らしい才能ですね! 優里さんの今後にも注目です!. これを知っているだけでも 「ドライフラワー」というタイトル名に印象がガラッと変わってくるのではないでしょうか。

彼女に対する切ないメッセージが、サビの最後に込められています。

ドライフラワーを添える描写は、色褪せてしまっても永遠に残るドライフラワーを「貴方」と共有することで、「貴方」も「私」のことを忘れないでほしい、という彼女のわがままと捉えることができます。

61