ヤンデレ ss ハーメルン。 【アズールレーン】ヤンデレ測定器

大淀、いい知らせがあるんだ!」 大淀「?…どうなさったんですか?」 提督「実は今元帥から、昇進の話をだな」 大淀「!…本当ですか!?おめでとうございます!!」 提督「あぁ、ということで俺は提督を直に辞めるから」 大淀「…は?」 提督「いやぁ、長かった…お前らの提督になることが条件だったんだが…」 提督「いや、やっと解放されるよ…」 大淀「か、解放…?そ、それでは、まるで嫌々やっていたと…」 大淀「じょ、条件ってなんですか?意味が分かりません…」 提督「いや、元一般人がなんのコネ無しに軍に入って大出世ってあり得ない話じゃないか」 提督「一定期間提督になることと、功績を挙げること、丁度昨日、それを果たしたみたいなんだ」 大淀「…す、少し待ってください…整理させてください…」 提督「…どうした?顔色が悪いぞ?汗もすごいし」 大淀「…」 大淀「. アンリマユの宝具を使ってたかもです。
3 アーカイブ• 確か転生だったはずです 【艦これ・北上】提督「ヤンデレ?」大井「……」SS 確かに、それからの人生を左右する様な出来事だ、ちゃんと心構えも、道具も準備した方が良いだろう」, 提督(…ああわかってる
誰かに話していないと心の限界が近くなっちゃうし、でも、他の人には相談できない), 本当は、こうやって親身になって話を聞いてくれれば提督が私の事良く思ってくれないかなーって下心からの行動なんだけどね 穂乃果「海未ちゃんがヤンデレすぎて怖い」 真姫・凛・花陽・ことり・絵里・希・にこ「…」 凛「ヤンデレって何にゃ」 花陽「凛ちゃんは知らなくていい単語だよー」 ことり 知ってた 絵里「ハラショー」 穂乃果「こないだだってね、雪穂と店番してただけなのに『私はもう捨てられたんですね、そうなんですね
反故にしようとしても、逆上してしまう可能性があるからな), 北上「修羅場ってそんな『ちょっと』でくぐるようなもんだっけ?ほんと、提督も大変だねー」, 提督「…こんな白い顔をしておいて何をと思われるかもしれないが…これでも一応、使命感ってものがあるんだ」, 提督「言われずもがな、さ そしてそういった時にアトミラールが危害を加えられてしまったら今回の如くどうしようもない
そしたらその高校生の職業が航空機兵(?)で、、、 投稿: 原作: この捜索では、主人公が呪術界に入った後の話はどうでもよくて入る前の苦悩する話を探しています 穂乃果 ただ… 穂乃果「絵里ちゃんがヤンデレすぎて怖い」 絵里「ハラショー!」. …ねえ提督」 提督「…何だ?」 時雨「…その日
元気そうで何よりだ、雷」 雷「司令官も元気そうね! …でも駄目よ、まだ休んでなきゃ!」 提督「…はは、さっきも言ったろう?そんなに休む必要なんて無いさ カノジョが出来てからというもの、『姉』や『元カノ』などが押し掛け、日を追うごとに修羅場が日常へと変わっていく
あとヒロインが谷村って… 投稿: TS系主人公が男勇者とか、そう言う系のヒロインメンバーになる作品が見たい ヤンこれ、まとめました でも、思ってはいても、自覚した時には提督とは少し気まずくなってしまっていて 提督と触れ合える唯一の時間だと思うと…何より愛おしかった こうして、少しでも触れあっていれば、いつか、いつか提督のほうから歩み寄ってくれるかもしれない
北上さんより、あの人を目で追うようになっていたのは そのおかげか、海未ちゃんは穂乃果にあまり話しかけてこなくなった
どうやら俺の事をただ同僚と見てくれているらしい), 提督(…偶に、ゾッとするような怖い顔をする時があるが、それさえ除けば彼女になんらかの警戒をする必要も無いくらいだ 穂乃果「!」 海未「はぁ……はぁ…………」 穂乃果「…………」 海未「はっ!すいません穂乃果、つい……」 穂乃果「……よかった、やっと海未ちゃんが穂乃果のこと構ってくれた……」ニコッ 海未「……!」 穂乃果「本気で心配してくれた……怒ってくれた……」ニコニコ 海未(まずいです……早く正気に戻さないと……)ブルブル 海未「っ……穂乃果、とりあえず落ち着いてください
穂乃果がいない世界なんて…』とか言って、どっか行っちゃったし」 7人「うわぁ…」 にこ「どっか行っちゃったって、そのあと見つかったの?」 穂乃果「うん、なんか穂乃果の部屋の布団にくるまってた」 絵里「はっっっるぁあああしょおおおおお!!」 穂乃果「うるさいよ、絵里ちゃん」 絵里「私の穂乃果がそんな目にあってるなんて知ったら、叫ばずにはいられないわ!」 穂乃果「穂乃果は誰のものでもないよ」 希「スピリチュアルやねぇ」 穂乃果「…って、そんなことより対処法を教えてよ!」 ことり「対処法かぁ」 にこ「いっそのこと突き放すとか」 真姫「そんなことしたら穂乃果に何されるかわからないわよ」カミノケクルクル 穂乃果「いや、やってみる価値はあるよ!」 凛「よくわかんないけどやめた方がいいにゃ!」 穂乃果「やるったらやる!」 海未「穂乃果ー今日はどこに行きますか?」 穂乃果「海未ちゃんなんて知らないっ」プンプン 海未「ほ、穂乃果…私が何かしましたか?」 穂乃果「早くどっかいっちゃえ! ちょっとかわいそうだけど、こうでもしないと穂乃果の身がもたないもん… 」 海未「…うえぇぇぇーん」トタタタタ 翌日 穂乃果「みんな!海未ちゃんのこと突き放したよ!」 7人「どうだったの?」 穂乃果「番号非通知で無言電話が500通来た!」 絵里以外「うわぁ…」 絵里「はっっっっっるぁぁしょおおおおおおおおお!!!!」 穂乃果「だから絵里ちゃんうるさいって」 絵里「私の穂乃果…」 穂乃果「穂乃果は誰のものでもないよ!」 絵里「…」 穂乃果 このあと、電話番号もメールアドレスも家も変えて、海未ちゃんとはできるだけ接点を減らした 提督「提督を…辞めて欲しい?」 元帥「あ、あぁ…実はね…艦娘と提督の立ち位置っていう話になって…」 元帥「今ってさ…全部君が管理してくれてるじゃん…」 提督「まぁ…そうですね…管理とはちょっと違うような感じもしますけど…」 元帥「私はさ、気にしてなかったんだけどさ…他の偉い方々が言うには」 一国の制海権、果ては制空権を担う兵器を、たかだか一人の男に一任させるとは何事か 元帥「って言われちゃってさ…」 元帥「提督君…古い付き合いだから、説得を試みたんだけどさ…」 提督「…早い話、艦娘全員を僕一人に預けるのは不安だってことですか」 元帥「…深海棲艦との戦争が終わって、今のシステムは」 提督「統率力が高いのが逆に仇になってるんですね」 提督「私が艦娘を引き連れて大きなことをやらかすかもしれない…お気持ちは分かります」 元帥「君が一言、断りますと言ってくれれば…」 提督「いえ、承諾しますよ
95 3