小田急 路線 図。 小田急小田原線の路線図

また新宿駅 - 本厚木駅(一部は準急が運転される時間帯があるため、向ヶ丘遊園駅)間の運転が基本となり、多摩線との直通は朝夕のみ(土休日は朝夕併せて1. (一部の6両編成は4両化 )• 停車駅の変遷 [ ]• 新松田 - 小田原間は水田が広がるを通るため利用客が比較的少なく、栢山・富水・蛍田・足柄の4駅はホーム有効長が最大6両分と短く設定されており、日中は6両編成の区間列車(各駅停車)が往復している。

D-ATS-P導入前は変周式の自動列車停止装置(OM-ATS)が全線で使用されていた。

2面4線の秦野駅を発車すると右からが別れ、畑が混在する住宅地をきつめの登り勾配で小田原線の駅で最も標高の高いまで駆け上がる。

(おだわらえき) 小田急小田原線の沿線にある駅を基点とした地図を活用 小田急小田原線(東京都)にある駅を基点とした詳細な地図画像をグーグルマップ(Google Map)のように自由に画面を動かすることができる仕組みを利用して掲載しています。

しかし、その一方で路線図は「長大化」に悩まされはじめている。

新宿駅西口に案内所(現在のロマンスカー営業センター)開設。

(昭和33年)4月1日:登戸多摩川駅を登戸駅に、鶴巻駅を鶴巻温泉駅に改称。

唐木田方面への延長に変更。

の戦況悪化に伴い運転休止。

:大秦野駅付近でブレーキ故障を起こした小田原行の電車が勾配を逆走して鶴巻駅で脱線転覆、30名死亡()。 の導入も全駅で完了しているが、有人改札口ではが引き続き使用されていた。 の加盟店舗である。 前年6月まで運転されていた「」(後述)の運転パターンに近い列車として設定された。 このため、代々木上原駅で新宿駅には直通しない多摩急行と連絡することで、多摩線方面から新宿方面への需要を確保するとともに快速急行の新設に伴い新宿駅 - 新百合ヶ丘駅間で減便となった急行の需要をカバーする役割も担っていた。 :通信学校駅を相模大野駅に、士官学校前駅を相武台前駅に改称。 駅構内に厚木市との市境がある。 改修費用の問題および遊園地の利用客減少に伴い(平成13年)に正式廃止となり、向ヶ丘遊園自体も翌(平成14年)3月いっぱいで閉園した(バラ苑のみの管理で存続)。 平日の朝ラッシュ時に限り経堂駅が通過駅化。