坂本 龍馬 役。 人傑篇(一)

なんと、紀州藩の明光丸は、坂本龍馬の乗るいろは丸に 一度衝突した後、さらにもう一回ぶつかってきたのです。

ですが、その死には不可解な点が多く、 坂本龍馬の死から150年余り経過した現在でも、 坂本龍馬暗殺の黒幕について様々な説が挙がっているのです。

坂本龍馬を薩摩と長州の両方に入れるために グラバーが仕組んだことなのではないか?と 考えることができるのです。

土佐勤王党は、あまりにも君主の意図を組まず、 好き勝手に山内容堂の大切な部下を どんどん殺して行きました。

坂本龍馬と仲が良く、 暗殺の現場にも一緒にいた中岡慎太郎は 「下士」の中で一番下の身分である「庄屋」という身分。

75 74