ムーン ショット 計画 内閣 府。 2050年までに人と機械が融合!ムーンショット計画の怖い話

人の能力拡張技術とAIロボット技術の調和の取れた活用により、通信遅延等にも対応できる様々なサービス(宇宙空間での作業等)が創出される。 2050年までに、人が活動することが難しい環境で、自律的に判断し、自ら活動し成長するAIロボットを開発する。 カテゴリー• 人間はしょせん動物の一種類に過ぎないのだから、それは当然であり、しかしそこに歴史という視点で教訓とすべき遺産や知恵を見出す、程度に人間も少将は成長した、と思っていた。 さて、私たち神の子はどう生きたらよいのか? またUPします! それでは、今日もありがとうございました。 高齢者を助ける為の予算• 注:サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念。 これが一番びっくりしました。 実験というと怖い話ですが、スーパーシティがうまくいけば、ムーンショット計画はどんどん進められていくと思われます。 歯がなくなるのも食べ物を食べるなということで、自然のサイクルらしいんです。
40
ムーンショットの狙いを、人工知能による徹底した管理社会を築くことと言ってもいいでしょう この持続可能な開発目標SDGs(エズ・ディー・ジーズ)も ムーンショット計画の事でした
6つの目標 内閣府が掲げた6つの目標はこの通りです 2050年までに、人が違和感を持たない、人と同等以上な身体能力をもち、人生に寄り添って一緒に成長するAIロボットを開発する
911、311はまだ序の口 ムーンショット目標2:100歳まで全員生きる 2030年には人間の臓器を解明して2050年には疾患として発症する前の「まだ後戻りできる状態」、すなわち 「未病の状態」から健康な状態に引き戻すための方法を確立する
パッと見る限り、「映画の世界じゃん」と思っちゃうような目標があるんです 簡単に言うと、人工知能で自然を管理することで、無駄のない持続可能な社会を築くとしています
人の能力拡張により、若者から高齢者までを含む様々な年齢や背景、価値観を持つ人々が多様なライフスタイルを追求できる社会を実現する 内閣府は、日本のどんな研究が「アポロ計画並み」の成果を出せるか、予想できるらしい だが、これほど無意味ぶりが開始前からはっきりした政策も、なかなか珍しいだろう
注目すべきは発見して誰が利権を得るかというところが一番の注目ポイントですね これだけでもぞっとしますが、さらにそれらの内容がAIにより選別されていると言うものです
17