アンブロ キ ソール。 アンブロキソール(ムコソルバン®︎)を含む市販薬・処方薬|ドクターキッド(expertconsultbook.com)

また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

塩酸アンブロキソールは、副作用の少ない代表的な去痰剤です。

妊娠中に服用するリスクとしては「発汗による脱水症状」「堕胎血流の低下」「胎児の心拍数上昇」などがあげられるので注意が必要です。

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):感冒、流感・肺炎、肺結核などの熱性疾患に適応。

塩酸アンブロキソールの商品名……アンキソール(わかもと)、アントブロン、アントブロンL、アントブロン小児用(東和薬品)、アンブロキソール塩酸塩(沢井製薬・大洋薬品など)、アンブロキソール塩酸塩L(沢井製薬)、アンブロン(日本ユニバーサル)、塩酸アンブロキソール(キョーリンリメディオ)、グリンクール(日本薬品工業・日本ケミファ)、コデソルバン(長生堂・マイラン製薬)、コトブロール(寿)、コフノール(日医工・田辺三菱・吉富薬品)、コフノールL(日医工・日本薬化工)、コンズール(富士カプセル)、サイプロール(岩城)、サンブロール(三恵薬品)、小児用ムコソルバンDS(帝人ファーマ)、シンセラキン、シンセラキンD. (保管上の注意) 遮光。

また、薬事承認取得を目指した医師主導治験を計画準備中である。

コデインを処方するときは酸化マグネシウムなどの下剤を併用するなどの工夫をしている場合がほとんどだと思いますが、この症例では併用されていませんでした。

ジスロマック(アジスロマイシン水和物) ニューキノロン系 キノロン系の合成抗菌薬をもとに人工的に合成・発展させた抗菌薬です。

適応疾患としては、• またそれ以外にも、蓄膿症や副鼻腔炎の排出するのにも用いられる薬です。

(50代病院勤務医、一般内科)• ファーストシン(セフォゾプラン塩酸塩) マクロライド系 セフェム系のもとは別の種類の抗生物質の一群の総称です。

81 66