折り合い を つける。 「折り合い」の意味とは?「折り合いをつける」の使い方や類語解説

つまり、「 折り合いをつける」とは、 「 お互いの妥協点を探り、決着点を見い出すこと」を言うのです。

そんな人はもっと前に結婚してるから。

スポンサーリンク 折り合いをつけるの使い方・例文 では、最後に「折り合いをつける」の使い方を 例文で確認しておきましょう。

・ 心の中で10を数える。

お互いが譲り合い、双方のバランスが整った時に初めて使われるのです。

57
このような場面では、親が一方的に解決せず、お互いに納得させたうえで、譲り合うようにサポートすることです。 家族だからこそ、一緒にいると遠慮なく色々言ってしまったり 家族だからこそ、難しい問題ってありますよね。 兄弟ゲンカはお互い納得させ譲り合わせましょう 兄弟姉妹、また同年代のお友達と遊んでいるとき、ちょっとした主張の違いや言い争いから激しいケンカになったりすることは、必ず一度は経験すると思います。 そういう相手を探すしかないんじゃない? 今、完璧な人を探しても無駄よ。 ・ 保健室に行く。 (彼女は仕事と家庭に折り合いをつけた。
96