神田 伯 山。 神田伯山とは

神田伯山 松之丞 と嫁の馴れ初め 神田伯山さんと嫁、 古舘理沙さんの 馴れ初めはご想像されている方も多いのではないでしょうか? そう、奥様の設立した 「いたちや」の主催した講談の会に神田伯山さんが 出演したことをきっかけに二人の仲が深まりお付き合いをスタートされたそうです。 師匠方の着物が畳めないなど、仕事には向いていなかったという。 2代目 [編集 ] 2代目 神田 ( かんだ ) 伯山 ( はくざん ) 初代 神田 ( かんだ ) 松鯉 ( しょうり ) 本名 玉川 ( たまがわ ) 金次郎 ( きんじろう ) 生年月日 没年月日 出身地 ・ 師匠 弟子 名跡 1. 物をおいての場所とりもご遠慮ください。 4代目は、神田派宗家に敬意を表し、わざと空位にしたはずだったが、2代目松鯉から契約不履行を主張され、仲違いした。 『』(テレビ朝日、2019年9月20日)• この名跡の4代目を空けた事実を取り消し、自らを4代目として名乗る。 もくじ• 小幡小平次• 松鯉というのは「」に掛けた洒落。 TBSラジオ、2018年4月26日 11:00~13:00(メインパーソナリティののピンチヒッター)• 、神田伯山を襲名。 5代目逝去後 5代目の逝去後、「神田伯山」の名跡は前座まで在籍した元直弟子が預かっていたが、後に6代目を襲名する神田松之丞が師匠の伝手でその元直弟子との接触に成功し、名跡を授かることができた。 (大正11年)9月22日、で「清水次郎長」(~9月24日)• 妻の「性別は子供が自ら決めること」の考えもあり、子供の性別は公表していない。 そのため三代目は「 次郎長伯山」との異名がある。
31
神田松鯉に入門を認めて貰えるよう、大師匠であるの命日の10月30日に入門志願をした 驚いたから「他の人でさえ通夜には紋付(の正装)で来るのに、弟子のお前がどてら姿で通夜に参列とは何事か!」と怒られる
襲名披露興行は2月11日から新宿末廣亭を皮切りに東京都内の5箇所の演芸場にて行われる予定だったが 、続く、の興行で終了 伊集院とは2度共演が実現したものの、伊集院は伯山(共演時は松之丞)が「伊集院さんに憧れてます」というスタンスで一方的に質問するのを「面倒くさい」「こっちが得をしない」とで語り、実質共演はNGの状態になっている
講談師の劇場初出演 関連項目 [ ]• だから、一応でも僕の名誉というか、そのために言うと、これもう笑いにならないんですけど、まぁなんと言ったらいいのかなぁ…まぁ、イジュさんは嘘をついてるっていう 笑 はっはっはっ 笑 嘘ついてるっていうか、それを真実だと思ってる
(、2020年12月26日) CM [ ]• 4月、に生まれる
初代 [編集 ] 生年不詳 - 俺の立場から言うと、それ「オフレコで」とか全く言ってなかったんだけど
7月、の花屋に生まれる 2代目 [ ] 2代目 神田 ( かんだ ) 伯山 ( はくざん ) 初代 神田 ( かんだ ) 松鯉 ( しょうり ) 本名 玉川 ( たまがわ ) 金次郎 ( きんじろう ) 生年月日 没年月日 出身地 ・ 師匠 弟子 名跡 1. 言ってなかったとしても、その特殊な渡辺さんとの関係性を、俺が言うべきではなかったな、という反省があって
鼓ヶ滝 新作 [ ]• 入門した2007年11月に末廣亭で「神田松之丞」と命名された 『』(フジテレビ、2018年4月7日)演目は『寛永宮本武蔵伝』より『山田真龍軒』• 神田派から離脱
幼少期にの高座「中山大納言」「鼠小僧」を聴き講釈師に憧れる 軽快な毒舌を交えたマクラ 小話 で爆笑させ客の心を掴んだかと思うと、講談では一転
に田中の代役で出たいと思っていたのに、今まで声がかからなかったという伊集院に対して 太田:ほんとデリケートだよね!(笑) そういうとこ松之丞と似てると思うんだけど(笑) 伊集院:どういうことどういうこと(笑)? 一番似てたくないとこなんだけど(笑)もっと言うと、似てたくないんだけどっていうも膨らませたくない(笑) 太田:なんでダメになったの? 伊集院:ダメもクソもなくて 伊集院:あ!本当ですか!あんな無礼な奴が!(笑) 円楽:(笑)もともと、性格なんだよ(笑)よく話したら
(2018年4月20日 - 6月22日、) - 語り• 飯田町九段中坂下の生まれ オリコンニュース 2020年3月2日 2021年3月10日 閲覧• 「」をこよなく愛する師匠・松鯉が、重要登場人物の幼名にちなんでつけたものだという
持ちネタ [ ] 主な持ちネタは以下の通り 2020年2月11日を以て真打に昇進するとともに、同日での襲名披露興行より6代目を襲名した
の生まれ、の門下 2020年3月11日閲覧
三家三勇士より「和田平助」• 中学生時代に一時になり、死を意識するほど悩んでいた時期があったが、現在は「コンプレックスも芸になる」として自ら笑いのネタとして語ることがある 6代目 [ ]. 、2代目に入門し、桃川若秀
三尺もの(侠客もの)を得意とし、特中でも「伝」を最大の売り物とした 5代目逝去後 5代目の逝去後、「神田伯山」の名跡は前座まで在籍した元直弟子が預かっていたが、後に6代目を襲名する神田松之丞が師匠の伝手でその元直弟子との接触に成功し、名跡を授かることができた