フォシーガ 心不全。 フォシーガに慢性心不全の適応追加!懸念される3つのこと|KusuriPro

当社は、特に医療ニーズの高いがんや免疫疾患、中枢神経疾患およびスペシャリティ領域を創薬の重点研究領域として活動しています。 14
スルホニル尿素(SU)薬:インスリン分泌促進• SGLT-2阻害薬は利尿薬という側面があります。 電解質の排泄をせず、水だけを排泄する。 グラスゴー大学循環器リサーチセンター循環器・メディカルサイエンス研究所のJohn McMurray MDは次のように述べました。 インスリン製剤減量• 出血 といった様々な症状が現れます。 慢性心不全で重度腎機能障害• フォシーガ錠への慢性心不全の適応追加の概略• その結果、肺や全身の 静脈に血が溜まり、 うっ血による症状が主体となります。
処方医は、今後、糖尿病と慢性心不全を併発している患者への処方を期待しているようですね。 The Lancet 2017; 390 10100 :1211—59. 脱水リスクの増大• 同試験は当初の想定を上回る結果が出たため、独立データモニタリング委員会の勧告に従い、早期に終了したことをに発表しています。 心不全の症状と分類 心臓の器質的もしくは機能的な障害によって、 心臓のポンプ機能が低下して十分な血液を送り出すことができなくなった状態を「 心不全」と呼んでいます。 主要複合評価項目は、入院または緊急受診と定義される心不全の悪化、あるいは心血管疾患を原因とする死亡でした。 だって、「脱水が起こりやすい人」に「脱水を起こしやすい薬」を投与するわけですから。
94