フィールド ワーク。 【フィールドワークとは】やり方からメリットまでわかりやすく解説|リベラルアーツガイド

その一例として、・によるの経済に関する研究()、を参照。

実際に国宝の仏像を間近に観察しつつ住職の講話を伺うことができ、まさにこの地が京都文化・奈良文化のまさに境界に位置していることを再認識しました。

自分たちのために時間を割いてくれていることをよく理解し、相手に対して失礼のないよう心がけてください。

また日本を代表する伝統芸能である能文化の発祥の地の一つである薪集落との関連性についても知ることができました。

生活に困窮する方が住まうシェアハウスを訪問し、複数の入居者のお部屋でインタビューをおこなう機会を得ました。

フィールドワークをしても、時間がたつと当日の雰囲気や感動は忘れてしまうものです。

調査の結果は、社会学部の学内学会で研究発表を行いました。

33
本当にありがとうございました。 能面のような顔で無反応に話を聞いても許されるのは大学の講義だけです。 - コミュニケーションデザイン・センター・による解説. と訳される。 数百冊の書物に加えて、• 地域の皆様のお住まいの不満を解消することを仕事の目的としております。 他にもあります。 このフィールドワークを通じて自分で見ることや聞くこと、体験することが大切だと実感しました。 福島第一原発の近隣自治体は、すでに一部で住民の帰還が始まっているものの、事故後、5年を過ぎた現在でも、いまだにその多くが避難地域となったままで、当該自治体の住民は、避難生活の継続を余儀なくされている。 多様に変化する社会構造を知り、その中にある課題の解決に向けての提言をめざすため、本学科では、さまざまな仕事や経済活動などの現場に赴き、体験から学ぶフィールドワークを重視し積極的に実施しています。 「京都フィールドワーク(京都国立博物館見学と和菓子作り体験)」 担当者:天野 太郎 期間:2020年12月23日(水)10:00〜15:30 学生:6名 今回のフィールドワークは、御白河法皇の院の御所であり、その後も秀吉の拠点・方広寺となり、近代期に跡地が博物館敷地ともなっている京都・東山七条一帯の歴史的形成過程と文化の発進拠点となっているプロセスについて学習を行なうとともに、京文化の一つである和菓子の作成を体験しつつ学ぶ機会を得ました。 プロジェクト演習では、これらの調査・分析の成果を踏まえ、課題の解決に向けた提言・企画を検討し、より良い解決策を地域のステークホルダーと共に創り上げていくことを目指しています。