ノビレチン すだち。 フィリピンのすだち「カラマンシー」の意外な効能

収穫された一部は貯蔵され3月頃まで出回り、春から夏にかけてはハウス物が流通しています。

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防するといわれています。

果汁を焼き魚、刺身、鍋物などに絞ってかけたり、果皮は刻んだりすりおろしたものを香味料として利用します。

最近、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを合わせてビタミンACE(エース)などと言うこともありますが、スダチはこのACE(エース)が多いのが特徴です。

さっと和えていただくのがポイントです。

その後、エキス含有EMEMを加え48時間培養。

当然ながら病院などで処方される薬とは異なり、沖縄の土地に根付いた食材などで、 心の中が癒されたり満たされるような想いが込められた食べ物は美味しい上に滋養になり薬になる、という意味が込められています。

その他にもクエン酸は体内でアルカリ性として機能し、ELISAで定量早摘みかん果皮エキスは線維芽細胞を賦活しました。

ノビレチンは血糖値の上昇を抑える働きがあるところですね。

33 13 87