風 の 流れ シミュレーション。 風の強さや流れを可視化。建物に与える影響を予測するシステム

ヴァイナスは流体解析用可視化ソフトウェアの新製品「FieldView 17」を発表。

ビルの形状とビル風の強さ 高くなるほど風の流れが速くなるため、100mの高さでの流速を3種類のビル形状で比較します。

3DCADで3種類のビルの3Dモデルを作成後、解析ソフトにデータを取り込み、流体解析を行いました。 風洞試験のような模型を作成することの多い高層ビル以外の建築物においても、身近になっている流体解析を活用することにより、低コストで周辺への風の影響を検討すること可能です。 通常は必要ありません。 1枚又は2枚の画像をペイントソフトで描き、流入条件を決めるだけでこのようなシミュレーションが出来ます。 作成されたコードをコピーします。 この時点での予想では2つあるうちの台風が九州に上陸し、もうひとつは日本列島から離れていっていますね。 特に、風力発電の場合、発電量は風速の3乗に比例するため風速の強弱を詳しく理解する必要があります。
43 42
全体ご要望の方はお手数ですが、ご連絡下さい [追記] 順次改良を進めています
0としての公開ですが、ビジュアルで設定ができるようにもう少し工夫をしてみたいと思います 亜音速・超音速流体の為のオイラー方程式• 燃料や廃棄物処理のコストがかからない経済的な方法なのですが、変動する風力に対して効率よく発電できるようにすること、運転時の騒音、耐久性などの課題も指摘されています
防風対策検討 以下、概略をご説明します 2010年代頃からオープンソースの解析プログラム「OpenFORM」と大規模サーバーの時間単位の活用が容易となり、組み合わせることで大規模な解析が短時間で行えるようになりました
埋め込みの場合はサイト上で見るときと比較して一部見ることができないもの(波とか)もあります 台風も近づいているのでどのあたりまで風の影響があるか知りたい方は参考にしてみてくださいね
約20%の高速化• 1枚又は2枚の画像をペイントソフトで描き、流入条件を決めるだけでこのようなシミュレーションが出来ます 流体解析とVR技術を組み合わせ、目に見えない3次元の風の流れをVR空間で可視化するもの
シミュレーション結果はバイナリデータでも書きだせるため、c、Fortran、Matlabなどを用いて読み込み解析をすることが出来る 埋め込みの場合はサイト上で見るときと比較して一部見ることができないもの(波とか)もあります
0では亜音速・超音速の非粘性流体をシミュレートすることが出来ます 高度の少し上にあるリストから風以外にも「気温」「雲・雨」「波」「雪」「気圧」に切り替えることも可能です
建物形状の確認 建築図面より計画建物寸法を読み取り、モデル化可能な形状として作成します これまでは高い精度で建物の風荷重を評価するためには、評価する建物とその周辺市街地の模型を作成し、実際に模型に風を当てて測定するという風洞実験が広く行われてきています
スライダーを動かして時間を変更したものが下記の画像 企画設計編なので、詳細なモデルでないのが風の解析にはちょうどいい