メルセデス ベンツ 認定 中古 車。 ベンツを認定中古車で購入するメリット・デメリットを解説!普通の中古車の違いとは|新車・中古車の【ネクステージ】

新車登録から3年以内の認定中古車なら保証期間を最大2年間延長でき、万一の故障の修理(一般保証)やドライブ中のロードアシスタンスサービス(24時間ツーリングサポート)を提供しています。

歴史は古く、初代は1993年にまで遡ります。

サンルーフ• 初代Eクラスはやはり500Eが人気で、今でも程度の良いものは約300〜460万と年式にしてはかなりの高価格帯で取引されています。

このような認定中古車は、普通の中古車に比べると若干価格は高めのことが多いですが、手厚い保証がうけられますので、中古車は少し心配だと言う方にも安心して購入いただけるようになっています。

ミドルサイズセダンであるEクラスは日本では最も売れている車種です。

ここでは、ベンツを認定中古車で購入するメリットとデメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

スーパーチャージャー 国内• ベンツの『認定中古車』と『中古車』の違い よく中古車には『認定中古車』と普通の『中古車』という区分けがあります。

5万円以下• W212購入時は、車検残が1年半以上ありましたが、納車整備で1年点検を実施 オイル・オイルフィルター・バッテリー・タイヤ2本・ワイパー等の交換をして納車されました。

1997年に初代が発売され、当初のボディタイプはハッチバックだけでした。

93 24
私個人的な感想ですが、W211購入時は店頭表示には 車検整備付の表記は無かったのですが 車検残が短かったので車検整備をお願いしました エンジンオイル・オイルフィルター・バッテリー・タイヤ4本・エンジンマウント・ワイパー・ブレーキパッド等の交換をして納車されましたが、車検法定費用は請求されましたが以外の費用は納車整備内との事でした なぜベンツが事業車として認定されやすいのかは定かではありませんが、さすがにSクラスを購入したりすると審査に通らなそうですが…
値引きが引き出しやすいタイミング ベンツの認定中古車を少しでも安く買いたいなら、下記のタイミングを狙って交渉してみるのがオススメです 初代は1993年に3ナンバーで発売され、街乗りしやすいサイズで人気を博しました
詳細条件• スマートキー• しかし認定中古車の場合、メーカー独自の保証を受けられるため、新車を購入したときとほとんど変わりません Wエアコン• 現在まで、ヤナセ認定中古車のメルセデスベンツを4台乗り継いでいます
2代目Eクラスになると、丸目ヘッドライトの好みや、コスト削減の影響が色濃く出たモデルということで不人気なようで20〜60万円代のゾーンが多いようです 現行車種は、2020年にモデルチェンジを経て発売されたばかりの2代目です
「経費でクルマを買う」というのも簡単な話ではなさそうですね… 販売するディーラーが違いますが、メーカー保証であるメルセデスケアは同じです
数多くある中古車販売店の中でも、ネクステージはその資格を満たしています 例えば、スバルの場合は最大88項目もの査定基準を設けており、専門技術者のチェック後は第三者機関による評価が行われています
ランフラットタイヤ• 希望する車種やボディカラーが決まっていても、認定中古車探しにてこずる可能性は知っておきたいポイントです ヤナセ ブランドスクエアは、約15年程前ヤナセ中古車センターが集結して誕生したヤナセの大型中古車センターです
66