タイ 銃 乱射。 タイ銃乱射から1ヵ月「なぜ兵士が」広がる軍への疑問と怒り|【西日本新聞me】

警察などによると、タイ陸軍に所属する31歳の男が、8日午後、上官らを射殺したあと、軍の施設からライフル銃など6丁と実弾700発あまりを奪い、市街地で市民に向け無差別に銃を乱射した。

さらには、現場では王太子の使用したとされる4種類の銃器(、、、)が発見されたことから、複数犯が殺害にあたったのではないかとの疑問も生じる。

そして、観に行く前に伊勢丹向かいのネットカフェでメールをチェックしていたときだ。

そこを通り過ぎた数秒後、大きな破裂音が幾度も響いた。

ディレンドラ - 王の弟• この項目は、に関連した です。

真相の推測 [ ] 事件の真相については、「親の王弟ギャネンドラがやインドの後押しを受けて、のビレンドラ国王・ディペンドラ王太子らを抹殺した宮廷」との説がある。

カドガ・ビクラム・シャハ - シャラダの夫• 自分を含め男女10人。

タイのプラユット首相は9日、容疑者が所属先の基地で、別の兵士と土地売却の手数料をめぐり口論になったのをきっかけに犯行に及んだと述べた。 ナコンラチャシマ市内の住宅で上官の陸軍大佐とその義母を射殺し、その後、市郊外の勤務先の陸軍基地で銃を発砲し、兵士1人を殺害、2人にけがをさせ、自動小銃、銃弾などを奪い、軍用車両でナコンラチャシマ市街に向かいました。 (マオイスト)の最高幹部は有力紙『カンティプル』で、「新たな"王宮大虐殺事件"を認めるわけにはいかない」との題で論評を出し、この事件の真相に疑問を持つ国民の声を代弁した。 タイ公衆衛生省の当局者は9日、現場で7人の遺体が収容されたと発表した。 しかし、ギャネンドラは王宮退去の際のテレビ演説で、王族殺人事件への関与を改めて否定した。 アイシュワリヤ - 王妃• 王太子(事件直後、危篤状態のまま名目上は国王に即位し、その3日後に死亡)が父・国王ら多数の王族を殺害したとされる事件である。 この乱射事件では、少なくとも29人が死亡、57人が負傷した。 死亡した王族の葬儀が性急かつ非公開で行われた点。 20名死亡で犯人はデパートに人質をとり籠城中。
40
コンビニの若者たちが敵対するグループと遭遇したのか、狙われたのか。 男は軍の下士官であり、2月8日の15時30分頃に基地にいた司令官のAnantharot Krasae大佐を殺害。 その後、男は商業施設に立てこもったが、9日午前、警察の特殊部隊によって射殺された。 58人が負傷し、このうち30人は入院して治療を受けている。 男がSNSに犯行時の写真を投稿 Thomma容疑者は犯行を繰り返しながらも、自身のフェイスブックアカウントに動画や写真などを投稿。