パルシェン。 【ポケモン剣盾】パルシェンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

(ただし弾とは広範囲の延焼を的とした制圧用の焼夷弾でありが高いわけではない) 初代での防御を持つ。

ただ現状パルシェンの戦法とはマッチせず、採用は稀。

35
これにより、この世代で猛威を振るったをはじめ、、、等の新勢力ポケモンの一部に対し圧倒的に優位に戦える点、耐久力の高いポケモンとしてはそこそこ素早い点等が評価され、注目を集める存在になった。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 (タイプ一致1. 「まきびし」を習得した事により、初代の技マシンで「リフレクター」を覚え、かつこの時代のに優位に戦える点に加え、更に「10まんボルト」を習得したとの相性の良さも相まって再び対戦の場に復帰。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 どの状態異常になるかはランダム。 第8世代 物理技では「」を新たに習得し、エスパータイプや悪タイプ相手にも優位に立ち向かえるようになった。
欠点はやはり特殊があまりに低いことや、の高いやで止まりやすい点 この後 20秒くらい相手側が長考をしはじめてました
ただパルシェンの初期技に「ハイドロポンプ」が追加されたため、シェルダーをレベル上げする必要は無くなり、「」さえあればいつでも思い出せるようになった このトゲを水圧で射出して外敵を追い払う
『みず』タイプの技のダメージが1. この第5世代以降では「殻を破って強くなる」ことから、 「」という渾名がついたことがある 余談ではあるが、2021年1月12日から開催されていたシンオウコレクションチャレンジ当時ではしたっぱ戦の先鋒として登場していた為に、コレクションチャレンジのを狙ってGOロケット団のしたっぱと戦ったら…とコレクションチャレンジの完遂を目指すトレーナー達をやきもきさせる事に
単純に役割破壊用の特殊技にもなる他、雨状態なら「」より命中安定かつ威力100(雨下なので実質威力150)のタイプ一致技になる 第3世代 しかし、『金・銀』時代の栄光は再び一瞬にして崩れ去ることになった
『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない 「攻撃」「特攻」はそこそこといったところ
28