龍 終 アバレガン。 《The ジョギラゴン・アバレガン》

規約に基づいて掲載させていただいていますが、もし掲載を取り消したい場合等あればコメントよりよろしくお願いいたします。

のように攻撃時の自分のの強制がデメリット換算されていると思われる。

バイナラ含めて『オーバーキルに対応できない』問題をどう解決するかが課題ですね。

例えば《》から5コスト以上のマスタードラゴンが出た場合、盤面のクリーチャーが2体だけでも、手札に《》と《》があれば3点3点ダイレクトとキル打点を形成することが可能になります。

零幻ルタチノ GR召喚しながら手札の入れ替えができるすごいやつ。

— りょーすけ 死神 Ryosuke9014 《》の登場により出来たデッキタイプで、《》でのワンショットの派手さに加え《》での打点形成でも詰めることが出来るのが魅力的ですよね。

51
バイナラドアと比較しても1マナコストが軽いですが水マナを生み出せる点、GRが4マナ以上のジョーカーズで統一してあることからバイナラドアである必要は無いと判断して松苔ラックスを採用しています。 「手札に加える」と「ブレイクする」では次の差異点が存在する。 このカードの登場以後、このカードにを付与するためのや、を達成するためのといった、それまでのであまり使用されなかったが多用されるようになった。 名前も『ドギラゴン』を彷彿とさせる所があり、いわば「ジョー」の「ドギラゴン」と言ってもいいぐらいである。 この点はカウンタージョーカーズの対面とかだと返り討ちとかも普通にあるのでオーバーキル位の盤面にしてしまうのが吉。 ヤッタレマンや幸い赤でも青でも緑でも好きなジョーカーズを活用してたとしてもこのラインが最重要となり、あるかどうかで動き方が大分変化してしまいます。 【Theザ ジョギラゴン・アバレガン デッキ】2020年の大会優勝デッキレシピや回し方,相性の良いカードを紹介&考察! デュエルマスターズより【Theザ ジョギラゴン・アバレガン デッキ】の優勝デッキレシピや回し方・相性の良いカードを紹介 ジョリー・ザ・ジョルネードや青ジョーカーズデッキなど等様々なカードが判明しているので、そろそろ《【Theザ ジョギラゴン・アバレガン デッキ》デッキの回し方・動かし方や相性の良いカード等について考える事にした まい。