テニス サーブ 練習。 ダブルフォルトを解消!家でもできるテニスサーブの練習法5選!

日常生活で何かを投げる機会はとても少ないです やり方はとても簡単です
プロネーションはサーブの最終課題のように認識されている方が多いのですが 「力をうまく逃す技術」とも覚えておきましょう 確認の方法の1つとして挙げられるのが「鏡で見る」ということです
持ち運びやすいサイズで、価格も比較的安価なので、いつでもどこでもサーブのフォームが練習できます しかし、回転がないためコントロールが効きにくくネットしやすいというデメリットもあります
以前からスピンサーブに憧れていたものの、打ち方が分からず威力もないため、全然使い物になりませんでした あとはこれを狙ってひたすらサーブを打ち続けるだけです
また、ボールは握らず、手のひらが上を向いたまま、そっと上に置くように投げてみてください 速いサーブが直線的に見えるのは、山なり度合が小さいだけなのです
正しいサーブの打ち方では「コンチネンタルグリップ 薄いグリップ 」が最適• ラケット面は、自分の 後頭部に向けた状態からスタート• もちろんここまで単純な話しではないですがイメージはそんな感じです その反面スピードが遅くフラットサーブよりも遅いサーブになってしまいます
73

おそらくどのDVDよりも退屈な内容。

トスアップの練習方法ですが、手を伸ばすとちょうど壁に手が届くぐらいのところに椅子に座り、ボールを壁に平行にトスします。

所要人数は2人以上です。

サーブに迷いがある人・セカンドがいつも入れにいくだけのサーブの人・回転がよくかかるスピン、スライスサーブをマスターしたい人におすすめ。

スライスサーブやスピンサーブなどの前に、基本からしっかりコツを身につけていきましょう。

高く上げるには脇を伸ばすように意識しましょう。

この事実は、僕がテニスDVDを買うようになって分かったことなのですが、正しい知識を身に付けた上で練習をすると、予想以上に上達するんです。

73