了承 を 得る。 【社外向けメール】了解・承諾メールの文例集

23

一方、終止形、あるいは「とき」などの体言につづく連体形の場合には、意見が分かれるかもしれません。

うけつぐという意味もあります。

諾は前述のように、「受け入れて応える」という意味を持つことから、「話を聞くだけでなく、責任を持って実行する」というニュアンスが強くなっています。

「了解を得る」の類語は「理解」 「了承を得る」の使い方をご紹介しましたが、「承諾を得る」や「了解を得る」との違いもわかりましたか?言葉の意味がわかるとまぎらわしいと思っていた使い方も、使う場面が自然にわかってくるのではないでしょうか。

承知とは 承知とは、単に「知ること」という意味もありますが、一般的には事情を飲み込んで受け入れることを言います。

23

「了解を得る」は親しい人との会話や連絡を取るときに使うのは問題ありませんが、「了承を得る」と「承諾を得る」は意味を理解すれば、使い分けはもう迷わずにできるのではないでしょうか。

相手との関係性に関わらず使えるフラットな言葉です。

しかし、敬語の使い方については書面によるものに準じます。

しかし、この場合は結婚するのは当人同士であり、相手の親からはYESをもらうための行為であるといえますので、「了承を得る」ではなく、「承諾する」を使うのが的を得ています。

このように、承知という言葉を使う際は、こちらがへりくだった立場に立つことが一般的です。

そして、職種や業界によっては、相手からの許可を得て初めて、仕事が進んだり取り組めたりすることも多いのではないでしょうか? 相手からの許可を得たことを敬語で言う際、「了解を得る」「了承を得る」などと表現する方も、多いと思います。

」のようにメールで使うことができます。

これは上司から部下へ向けて使う言葉です。

82