鳳凰 戦 a1 リーグ。 鳳凰戦

鳳凰位戦が全ての試合の基準にもなっているので、決定戦目指して戦います」と、さらに力を込めていた。
現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。 第32期 「」• [前]は前期鳳凰位、数字はA1リーグの順位。 第36期 「」• 出場資格:日本プロ麻雀連盟所属プロ雀士。 第1期 「島田昭」• 日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、鳳凰戦A1リーグの第1節C卓が4月21日に行われ、古川孝次が卓内トップを取った。 第16期 「」• 30符4翻は満貫に切り上げず、子7,700点、親11,600点とする• 役満が純粋に重複した場合、ダブル役満、トリプル役満を認める 順位点 2人浮きの場合 1着+8、2着+4、3着-4、4着-8 1人浮きの場合 1着+12、2着-1、3着-3着、4着-8 3人浮きの場合 1着+8、2着+3、3着+1、4着-12 歴代優勝者(敬称略)• 第37期 「」• 鳳凰戦 30年以上の歴史を数える権威あるタイトル戦。 11翻から三倍満、数え役満はなし• ほぼ1人浮きといった快勝を収めた。 A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。 現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。 現物以外の喰い替えを認める• 第18期 「」• して記事の信頼性向上にご協力ください。 またA2リーグは期間上位2名が来期A1リーグへ昇級する。
48

A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

黒沢、藤崎もそれぞれトップを取ったが、3回戦に2度目のトップを取った古川が競り勝った。

第33期 「」• 第6期 「」• 主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。

2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。

期 年度 優勝者 2位 3位 4位 第37期 2020 佐々木 寿人 沢崎 誠 藤崎 智 勝又 健志 第36期 2019 藤崎 智 古川 孝次 西川 淳 吉田 直 第35期 2018 吉田 直 HIRO柴田 勝又 健志 前原 雄大 第34期 2017 前原 雄大 HIRO柴田 瀬戸熊 直樹 内川 幸太郎 第33期 2016 前原 雄大 近藤 久春 勝又 健志 古川 孝次 第32期 2015 勝又 健志 前田 直哉 古川 孝次 瀬戸熊 直樹 第31期 2014 前田 直哉 藤崎 智 勝又 健志 瀬戸熊 直樹 第30期 2013 藤崎 智 瀬戸熊 直樹 沢崎 誠 伊藤 優孝 第29期 2012 瀬戸熊 直樹 前原 雄大 藤崎 智 荒 正義 第28期 2011 荒 正義 右田 勇一郎 瀬戸熊 直樹 望月 雅継 第27期 2010 瀬戸熊 直樹 前原 雄大 板川 和俊 沢崎 誠 第26期 2009 瀬戸熊 直樹 板川 和俊 柴田 弘幸 前原 雄大 第25期 2008 前原 雄大 古川 孝次 柴田 弘幸 ともたけ 雅晴 第24期 2007 ともたけ 雅晴 古川 孝次 仁平 宣明 望月 雅継 第23期 2006 望月 雅継 古川 孝次 前原 雄大 ともたけ 雅晴 第22期 2005 土田 浩翔 阿部 孝則 瀬戸熊 直樹 多井 隆晴 第21期 2004 阿部 孝則 前原 雄大 沢崎 誠 ともたけ 雅晴 第20期 2003 阿部 孝則 仁平 宣明 荒 正義 ともたけ 雅晴 第19期 2002 阿部 孝則 ともたけ 雅晴 古川 孝次 藤原 隆弘 第18期 2001 古川 孝次 沢崎 誠 ともたけ 雅晴 石渡 正譲 第17期 2000 古川 孝次 椎名 大介 荒 正義 森谷 健 第16期 1999 古川 孝次 荒 正義 前原 雄大 石崎 洋 第15期 1998 石崎 洋 原田 正史 吉田 幸雄 前原 雄大 第14期 1997 原田 正史 石崎 洋 前原 雄大 森谷 健 第13期 1996 森谷 健 前原 雄大 安藤 満 荒 正義 第12期 1995 前原 雄大 荒 正義 安藤 満 土田 浩翔 第11期 1994 土田 浩翔 安藤 満 森谷 健 田中 利春 第10期 1993 安藤 満 前原 雄大 沢崎 誠 荒 正義 第9期 1992 伊藤 優孝 土田 浩翔 椎名 大介 田中 英知 第8期 1991 荒 正義 田中 英知 椎名 大介 安藤 満 第7期 1990 椎名 大介 森山 茂和 岡 義和 荒 正義 第6期 1989 安藤 満 土田 浩翔 椎名 大介 伊藤 優孝 第5期 1988 安藤 満 椎名 大介 島田 昭 伊藤 優孝 第4期 1987 島田 昭 森山 茂和 椎名 大介 伊藤 優孝 第3期 1986 ロッキー 堀江 瀬田 一期 島田 昭 伊藤 優孝 第2期 1985 安藤 満 森山 茂和 荒 正義 灘 麻太郎 第1期 1984 島田 昭 ロッキー 堀江 岡 義和 伊藤 優孝. ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。

第7期 「椎名大介」• 第29期 「」• 第10期 「」• 対局後には、「まずは残留できてほっとしています。

(ABEMA/麻雀チャンネルより). 主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。

【試合結果】 1位 瀬戸熊直樹 +98. 【試合結果】 1位 古川孝次 +16. 第2期 「」• (ABEMA/麻雀チャンネルより). 第12期 「」• A~Eまで計11のリーグに分かれている。

98