エール 岩城 歌。 エール:「絶対にやりたかった」最終回コンサート 演出語る、度肝を抜かれたのは「岩城さん」

司会を務めたのは窪田正孝演じる主人公の古山裕一。

日本公演の歴代最年少となる32歳で主人公ジャン・バルジャン役を演じた。

「最初の撮影は緊張していて、ほとんど覚えていないんです。

オンエア後の午前9時には「#エール」が1位、「岩城さん」が3位に入った。

吉田さんは「最後をコンサートにしたのは、そもそもプロデューサー陣から『どこかで歌を』という要望があったから。

数々の舞台に出演し、2007年、劇団四季を退団した。

97

そこで何かが違うと思い、退団を決意し2007年に劇団四季を退団。

続けて薬師丸がステージへ。

「15分豪華すぎた。

「紅白歌合戦」など数々の音楽番組を担当した経験もあるチーフ演出の吉田照幸監督(50)や共演者も度肝を抜かれたと口を揃えた歌声。

11年、帝国劇場開場100周年記念公演「レ・ミゼラブル」の主演(山口祐一郎、別所哲也とトリプルキャスト)に抜擢。

男気あふれる馬具職人・岩城を好演した吉原とは? 吉原は27日夜、自身のツイッターを更新。

素晴らしいラスト」「エール最終回サイコー! 吉原は、2021年に予定されているミュージカル「レ・ミゼラブル」でも主人公のジャン・バルジャンを演じるなどミュージカル界のスターで、現在も舞台を中心に活躍している。

そこまで出演シーンが多いわけではないので(笑)、是非、見つけていただけたらと思います」と語っていたが、最終回MVP級の活躍となった。

俳優の窪田正孝(32)が主演を務めたNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の最終回コンサート(11月27日)で圧巻の歌声を披露したのが、ミュージカル俳優の吉原光夫(42)。

9
改めて同コンサートを「これだけ歌える人がいて、しかも、僕が音楽番組をやってきていて、ほかでは絶対にやれない、せっかくのチャンス いやー感動
圧倒的声量で「イヨマンテの夜」を歌い上げる姿に「岩城さんの声量がとにかくすご過ぎる! 視聴者からも驚きと感嘆の声が上がり、本放送のオンエア中からTwitterでは「岩城さん」「いわきさん」がともにトレンドトップ5を占めるほどの反響を呼んだ 謝った上で、大きめのリアクションを取りましたね(笑)
「11月20日放送の『あさイチ』(NHK)に窪田が出演した際、最終回の映像としてNHKホールで主演者たちが歌う様子が一部放送されたため、ネット上では『最終回はどうなるんだ?』と話題になっていただけに、価値あるオマケのような特別編の予告に、ネット上では喜びの声があがりました 吉原は1999年、劇団四季附属研究所に入所
最終回が最終話ではなくコンサートというのもエールらしい 司会は古山裕一が担当
レ・ミゼラブルに出演! 2011年、帝国劇場開場100周年記念公演『レ・ミゼラブル』において、日本公演の歴代最年少となる32歳で主演ジャン・バルジャン役を演じました 出番は多くはなかったが、存在感を示してきたため、インターネット上には「岩城さんロス」が広がった
「古関裕而さん、たくさんの素敵な曲を、本当にありがとうございました そして幼少期を演じた子役たちによる「鐘の鳴る丘」
」などの声が殺到した 本編としてのドラマパートは一切入らず、主人公・古山裕一(窪田さん)のモデルとなった福島県出身の作曲家・古関裕而さんの数々の名曲を、人気キャラクターたちが歌いつないだ
15分という尺に対して、「歌ってほしい曲がいっぱいあったので、ちょっと急ぎ足にはなっていますよね」と認めつつ、「ただ僕自身、NHK紅白歌合戦とか歌番組をやっていた人間ですので、昔を思い出して、楽しかったですね」とうれしそうに笑う レコードをかけた裕一の表情は明るく、ふるさとを思い出しているようだった
当時の記事を読む• 朝ドラは11月30日から杉咲花さん主演の「おちょやん」がスタートする 第57話「父、帰る 後編」(6月16日)、あの世から現世に戻った安隆が「再婚を許す」と岩城に手紙を残したが、安隆の姿は二親等までしか見えず、その気配を感じながら、岩城は「おれは安隆さんといるおかみさんが好きなんです」と書き加えた
吉原が「アーホイヨーアー」と歌い始めると、度肝を抜かれる視聴者が続出 11月26日放送の第119話をもって本編最終回を迎えた「エール」()
63