奥川 恭伸 なん j。 【悲報】星稜・奥川恭伸、阪神からの指名拒否か

甲子園準優勝投手でドラフト1位。

対戦が決まって、昨夜はずっとワクワクしていました。

かなりきつくなったので。

2019年のドラフトで、それぞれ3球団と4球団に1位指名された奥川恭伸(ヤクルト)と佐々木朗希(ロッテ)は今季、注目の高卒2年目を迎える。

第1打席から4打席連続で三振を奪われた佐藤樹は涙が止まらない。

キャンプに向けては「(1、2軍は)どっちでもよかった。

ところが、佐々木は人並み外れた関節の柔らかさとバランス感覚で、最大の弱点を克服しているのです。

打線は3巡目、4巡目に入っても、奥川をとらえられない。

そんな中、奥川の周辺は阪神の動向にヤキモキしているという。

「制球難に陥った藤浪は今季、一軍登板1試合のみに終わり、復活することができなかった。

元メジャーリーガーで解説者の斎藤隆氏は、両右腕をこう評す。

高津監督は「段階を踏んで投げる準備を作って、そこから徐々に始めてくれたら」と理由を説明。

一方の奥川は右ヒジの炎症の影響で二軍スタートとなったが、「ハートの強さで他のルーキーを圧倒している」とセ・リーグ編成幹部が感嘆する。

41