ロレンツォ ムゼッティ。 格上に逆転勝利した19歳新鋭ムゼッティが「若い僕を見下していた」と対戦相手を痛烈批判〈SMASH〉(THE DIGEST)

第2セットもムゼッティの勢いは止まらず、第1ゲームで早々にブレークを奪う。

なお、ムゼッティは現地4月9日に行なわれた準々決勝でラスロ・ジェレ(セルビア/57位)にフルセットの末に敗退。

足やお腹に違和感があって、息もうまくできなかった」とベストパフォーマンスを発揮できなかったことを悔やんだ。

勝利が決まった瞬間、ムゼッティはよほどうれしかったのか、ラケットをコートに叩きつけるという異例の行動に出た。

setAttribute "type","button" ,S. マッチポイントではフォアハンドのウイナーを決め、ATPツアー本戦での初勝利を飾った。

男子テニスツアー「メキシコ・オープン」(3月15〜20日/メキシコ・アカプルコ/ハード/ATP500)のシングルス準決勝で第1シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に敗れ、初のツアー決勝進出を逃した世界120位のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)が、試合後の記者会見で今大会を振り返った。

イタリア出身。

キャリアで初となるATP500大会での4強入りを果たし、大会後に更新される世界ランキングでも初のトップ100入りを確定させた。

49 90