デュエプレ 環境。 デュエプレ DMPP

【メカオー】は《エル・カイオウ》を手に入れたものの、【パンダ】のパワーラインも、【ゲキメツ】の除去も辛かった。

速攻、ビートダウンデッキの中では、バランス調整前はに対して有利だったがやや評価を落とし、のを無理なく投入できるの使用率が上がった。

各種フェニックスと共存する形もあれば、フェニックスをピン刺しに留めるあるいは入れない形も見られた。

【赤黒ドラゴン】 まず、 【赤黒ドラゴン】。

結局、4弾上位の郡はそのまま上位に君臨しており、引き続きと呼ばれる環境になった。

極端な不利対面もなく、どのデッキに対してもきちんと勝ち筋があるのが特長である。

とは とは、ハンド・デストション Hand Destruction の略。

ところで、7弾環境のTOP3である【ブ】【ツヴァイ】【メカオー】はというと、 どれも低調な漕ぎだしだった。

しかし《ジェニー》には、《汽車男》の代わりを務めることはできない。

更にコントロールを対策するための「ドルバロム」が流行という流れが、9弾リリース初期である今週のメタゲームの特徴だ。

この弾で登場したが、環境初期には多大な影響を与えることになった。

60
削除要望があればコメントまで 期 [ ] 全85種が追加
新たに登場したで、などを使い回せるようになった 【パンダ】消滅により、【メカオー】はだいぶ動きやすくなった
今回は、ND・ADの両方に通用するデッキについては特に断りを入れず、 ADでしか組めないものについてはその都度注釈するという形式にした とも呼ばれるようになった
詳細はを参照 【黒緑速攻】には、速度でどうしようもないので、不利
ガントラ武者デッキ:作るための道のり 生成に必要なのは、全カード合計で、13800ポイントですね 手札と盤面を同時に刈り取りながら次の動きを確保する《極仙龍バイオレンス・サンダー》で、 ビートダウンやコンボデッキの息の根を止める
トリガーと《レモン》でビートダウンとコンボデッキを抑え込み、 《ウルコス》《》《パンダ》《ジェネラル・クワガタン》でガツガツリソースを取りながらコンを封殺する はの登場により1コストクリーチャーを12枚にできるようになり、も獲得するなどデッキ自体も強化されている
環境の特色 ユーザー主体の環境 冒頭で述べたように、8弾は環境レベルのが組めない一方、 グッドスタッフカードが多く収録されているパックだった ロングゲームを見た《ロスソ》も、【ボルコン】の重要パーツになりつつあった
次環境ではTier1へ格上げされる可能性も高いデッキ群 ビートダウン全般には、《アポロヌス》のカウンターがハマるため、有利
対策された結果、次環境ではTier2に格下げされる可能性もある 相手が次に使うつもりでいたカードを使えなくできれば、 相手のマナカーブに沿ったゲームプランは大きく崩れる
93