七 つの 大罪 グランド クロス。 【グラクロ】殲滅戦あるある 【七つの大罪グランドクロス】【Nanatsu No Taizai】

お客さんにエールを出すことも…?! フレンドと対戦も! 『七つの大罪~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』では、親善試合(フレンドとの対戦)を楽しむことも可能です。

十年前にクーデター容疑をかけられた後は盗賊都市レイブンズ近郊の穴蔵に酒場〈麗しきの暴食〉亭を開業し、店主として長らく潜伏していた。
昔から強すぎるがゆえに、殺生を禁ずる誓約を架していたが、大事なものを失わぬために誓約を破る 幼少期(キングに出会う前)はこの二つの巨像とともに暮らしており、フィレ、ロースと名付けられていた
その後、ドルイドの里で試練を受ける バンに仇討ちをしようとしたが死者の都でエレインの説得により和解
「キリング・ストーム」 「聖棍クレシューズ」を持ちながら高速で回転し、広範囲に斬撃を飛ばす 王国奪還の際、ヘンドリクセンからは「 森の賢者(ドルイド)」の巫女の血を引く「 女神族の使徒」と呼ばれていた
血を飲ませることで他人を回復させることが出来る 十数年前のダナフォール調査任務の際、ドレファスに憑依したフラウドリンにより洗脳を受け、「平和は人々を堕落させる悪しき習慣であり、戦と闘争心が人々を輝かせ国に繁栄をもたらす」という思想にとらわれてしまう
ギルサンダーの父親 フラウドリンに使用した際には暁闇の咆哮や今まで殺した騎士たちの幻覚が現れた
ヘンドリクセンと共謀し、実兄である先代聖騎士長ザラトラスを殺害、〈七つの大罪〉に罪を着せた黒幕。 だがその行いを悔い、魔神となった親友ヘンドリクセンを止めるべく息子とともに彼に挑むが、戦いの最中に誤ってエリザベスを害してしまい、精神の均衡を崩したところをヘンドリクセンの「腐蝕」によって融かされてしまい死亡したと思われた。 「終わりなき渦(エンドレスワール)」 巨大な渦を作り、その中心に範囲内にいる者を集める。 メリオダス復活とフラウドリン打倒の一助となった。 そして魔神王消滅後に大罪たちにその目的を明かし、合技によってもたらされた湖の膨大な魔力によってアーサーを復活させ、新たなる混沌の王とした。 「殲滅の光(エクスターミネイトレイ)」 放った光の線上にあるものを殲滅する魔術。 その後は次第に彼女との絆を温めた。 「スーパーサイクロン」 自身を中心に最大規模の竜巻を発生させる。 そのことから彼に惹かれるようになるも、エレインとバンの仲睦まじさを見て身を引き、メラスキュラ・ガランとの交戦時には身を挺して二人を守るために奮戦した。 攻撃やバフも強力で必殺はその名の通り必殺です。
27
範囲を絞ることで威力を上げることも可能。 元々はバステ監獄の守護を任された聖騎士見習い。 その後彼とともに、ドルイドの里に向かいハウザーとともに試練を受け、型を破ることで闘級が上昇した。 「吹雪乱舞(ブリザード・アクセル)」 無数の氷弾を竜巻のように発生させ、相手を斬り刻む。 手配書の人相書きは無精髭をたくわえている が、実際は年端もいかない少年の容姿をしている。 対象をその中心に閉じ込める。 なおこれはほかのものでも使用可能。 行き倒れた魔神族を介抱したことで、その魔神族ごと女神族に滅ぼされた村の生き残りで、魔神族に通じて聖痕の戦士の内部からの瓦解を狙うものの、かつての恋人に似た面影を宿すゲラードを殺すことが出来ずに翻意してゲラードを守る。 「炸裂する刃雨(ファイトファイア・ウィズファイア)」 増殖させた無数の槍を、上空から相手目掛けて降らせる。
76