カンピロバクター 加熱。 カンピロバクター食中毒の症状や特徴、予防方法について|MHCL WORKS LABO

野菜もしっかり加熱してから食べましょう。

6

カンピロバクターは、ニワトリやウシ、ブタ等の家禽や家畜などの腸管の中に存在し、ペットや野鳥、野生動物などあらゆる動物が(カンピロバクターを)保菌しています。

しかし、たとえカンピロバクターの付着した食品であっても、このQ&Aで説明している予防策に従った調理などを行えば、食中毒を十分防ぐことができます。

滋賀県内の高校において、校庭で開かれた運動部の壮行会のバーベキュー(鶏肉、豚肉、キャベツ、タマネギなど)で、生徒、教師、保護者のうち生徒のみがカンピロバクター食中毒で発症した。

読んで字のごとく、微量な空気を好む菌種になります。

最大の予防は「しっかり加熱」と「殺菌・清潔」です。

カンピロバクターは乾燥にも弱いのでしっかりと道具や手を乾燥させるのが大切です。

これはカンピロバクターに限ったことではなく、多くの食中毒に言えることです。

15