サマータイム レンダ。 サマータイムレンダ【139話】最終話ネタバレ!慎平が守りたかった幸せ

四回目の潮の葬儀を経験し終えた後、慎平は約束通りひづるを探し始めます。

作中では、潮は少女を助けるために海に飛び込み、死んでしまったと語られました。

ひづると慎平 7月24日、慎平はひづるとコフネで会っていた。

そして対象を殺して成り替わっているのだ。

ただ中には定価よりも高い値段をつけている場合もあったりするので、なかなか手に入らないからといって割高な取引をしないように注意してくださいね。

しかし気がつくと、島に着いた時間に戻っていたのだった。

44
【7-2】シデの正体、ウシオを喪失してのループ(7月23日) 無事に夜を越した一同は2チームに分かれて影の捜索と駆除に向かいますが、なかなか思うように進みません そして次に慎平は、影の存在を見たという小早川しおりの家を訪れます
ある夏、東京で暮らす網代慎平(あじろ しんぺい)は不運な海中事故で亡くなった幼馴染の小舟潮(こふねうしお)の葬儀に参列するために生まれ育った日都ヶ島に帰郷します 菱形朱鷺子の話では菱形家は代々島で死んだ人間をハイネの食事として捧げてきたそうです
調べていくうちに、島に昔から伝わる「影」の存在が潮の死と関係があるのではないか、と慎平は推測するように 何だか神社の宮司である雁切真砂人を連想させますね
「今年こそ帰らないと潮に殺されるって」と窓は言った 菱形朱鷺子(ひしがた ときこ) 窓の実妹
大人っぽくて知的な性格 出来事とループの流れを時系列順に理解! 今作は7月22日、慎平がフェリーの中で夢を見るシーンから始まります
自分が戦わなければ大事な人たちが死んでしまうのだから 「影の病に罹ったら影をみるようになる……」 「!」 「影を見た者は死ぬ
76 31